500円のピノの個数がまた減った!ピノはぼったくりアイス

アリスです。

500円の大箱に入っている、ピノの個数がまた減りました。

たったの24個しか入っていません。(2017年8月現在)

あなたは気づいていましたか?

今回の記事では、ピノがいかにぼったくりアイスかということを暴露します。

500円のファミリーパックのピノ個数の変遷

ピノの個数の遷移を確認してみましょう。

乳製品の値段があがったという言い訳をして、年々数を減らしています。

最近は消費者にばれないように、告知をせずに減らしています。

ピノを作っている森永乳業には、がっかりです。

2007年以前のピノの個数

28個でした。

2008年9月のピノの個数

26個に減りました。

2017年8月のピノの個数

24個です。

スポンサーリンク

6個入りを買ったほうがお得

コンビニなら120円ですが、スーパーなら100円以下で売っています。

100円で6個入りですね。

つまり500円で30個のピノを食べられるので、そっちのほうがお得です。

スーパーだと大箱のピノも安いですが、好きじゃない味もはいっているため、お得と思えないです。

ピノが高い理由

単純です。ぼったくっているからです。

と一言で終わらせてしまうのもなんなので。。

ピノは、人口の植物油脂を使用しているラクトアイスではなく、自然由来の乳成分を使用しているアイスクリームという分類です。

それが高い理由というのがピノ側の言い訳でしょう。

しかし、これは半分ウソという衝撃の事実が発覚しました。

スポンサーリンク

ピノはウソをついているのか?

私の調べたところ、ピノはアイスミルクに分類されるにもかかわらず、アイスクリームと表記していました。

また、仮にアイスクリームで正しかったとしても、法律で定められたぎりぎりの量の乳成分しかつかっていません。

金儲けのことしか考えていない。それがピノ。ひいては森永乳業だということでしょう。

詳細は下記に記載しました。

アリスです。 ピノ美味しいと思っている人は沢山いるのではないでしょうか? 昔ながらの人気のピノはアイスクリームに分類され...
スポンサーリンク
関連記事と広告