【ドキュメンタル】ゾンビタイムの秋山とケンコバの整体マッサージ

アリスです。

ドキュメンタルシーズン3のエピソード4が公開されました。ついに待望のゾンビタイムが発動しました。

スポンサーリンク

ゾンビタイム最初はRG

RGが「今昔庵です。」と出てきました。誰やねんこの人って感じですが、喫茶店のマスターで、みんな知っているようです。

RGが一人ひとりに注文を聞いていきます。春日が必死で笑いをこらえていました。

なんとかRGをやり過ごしました。

スポンサーリンク

ゾンビタイム2組目は伊達とくっきー

次は、サンドウィッチマンの伊達です。「どうもテレンスリーです」と出てきました。

「今日はテディベアつれてきたから、テディベアおいでー!おいでおいでー」とドアのほうに呼びかけます。

テディベアが恥ずかしそうにおしりから出てきます。

なんと出てきたのは、野生爆弾くっきー

ケンコバと、春日が噴出しました。これは耐えられないです。ゾンビタイムおそるべし!

あれだけ活躍した春日がレッドカードで退場です!

ケンコバ語る。「後藤がいなくなってから、気が抜けてしまった。」

春日語る。「ゾンビタイムの怖さを知ることができた。春日以外で笑うとは思わなかった。春日・・」春日のおもろないコメントがそこでいきなり終わりました。

編集によりカットされたということです。

ついに、TKO木下と極楽とんぼ山本のマンツーマン対決になりました。

木下が衣装チェンジして出てきました。奈良のせんとくんです!(奈良県民とその近隣の府県民しか知りませんが、関西では有名です・・。)

木下が山本に「切りましたこれ?」っと半ギレで尋ねます。山本が先ほど衣装部屋にはいったときに、木下の着ているせんとくんの衣装をずったずたにハサミで切り裂いていたらしいです。(木下の言い分)

しかし、木下の自作自演ネタと思われます。このあとのち〇〇ネタにつなげるために、自分で切り裂いたと思われます。

再度、木下「切りましたこれ?」「こんなんされたら、マジで困りますわ・・」何度も何度も山本に尋ねます。

実は、びりびりの青色のズボンの隙間から、木下のアレがピロリンとみえています。

ちゃんとモザイクはかかっていますが、さすがに写真は載せられません・・目も当てられない、下品さです。

その後、山本と木下の低周波マッサージの掛け合いが始まるも、決着はつきません。

そして次のゾンビタイムに!

スポンサーリンク

ゾンビタイム3組目は秋山とケンコバ

ケンコバとロバート秋山のゾンビペアが出てきました。

秋山がケンコバにローションを塗りたくって、マッサージを始めます。

一体どこをマッサージしているのでしょうか。

木下必死に笑いをこらえます。しかし笑いません。汗かきながら、笑いをこらえています。

そこにロバート秋山が、意味不明なチャイニーズソングを歌いだし追い打ちをかけます。

我慢するも、うっすら笑みが・・。もう限界です!

そして、ついに・・・わらいのダムが決壊しました。笑

泣きながら笑っているような感じです。おもしろすぎました。

木下オレンジカード! なんとか、レッドカードは免れました。

それにしても今回のゾンビタイムは面白すぎて、やばいです。次回に期待しましょう。山本が勝つのか?木下が勝つのか?それともゾンビが勝つのでしょうか。

秋山とケンコバのゾンビタイムは、シーズン3の「4. ゾンビタイム発動」の29分0秒からです。チャイナ服を着た秋山の中国風の言葉使いが、面白すぎます。

ドキュメンタル3秋山とケンコバのゾンビタイムを見る

スポンサーリンク
関連記事と広告