ドキュメンタル4『最終話』優勝は野生爆弾くっきー。判定勝負だったが全員納得の勝利

アリスです。

アマゾンのプライム限定動画、ドキュメンタル4もついに最終話です。エピソード5です。結果は、くっきーの判定勝負勝ちでした。それでは、早速振り返っていきます。

スポンサーリンク

ノブと大悟が裸で漫才

ノブと大悟が裸で出てきて、漫才を始めました。ネタは、ドキュメンタル出演前日にイルネで行ったネタでした。そのネタは松本が娘を連れて見に行ったそうで、松本の娘は爆笑していたようですが、しかし、ここでは、だれも笑いません。

シーンとした中、漫才が終わり、拍手をされて終了しました。

通常なら、お客さんが笑ってくれるのはずなのですが、誰も笑ってくれませんでした。

千鳥の漫才は、大悟がボケて、ノブが大きな声で突っ込みます。ノブの突込みのところで、みんな笑うはずなのです・・本当は・・。

スポンサーリンク

ノブがションベンをして宮迫が爆笑

漫才で誰も笑わずに終了したわけですが、そこで千鳥は引っ込みませんでした。ノブがどうやってもたたんとみんなに言います。ゾンビで出てくる前に、大悟はなんとかたたせようとして色々やっていたのですが、たたなかったようです。

そこで、宮迫が大悟に「もし、ここでゴムの中にションベンされて、どんどん膨らんでいったらやばかった」みたいなことを言いました。

大悟はすかさず「しょんべんもでん!」と言いました。その言葉に、宮迫は笑いそうになりましたが耐えました。しかし、次の瞬間、ノブがションベンをしました。

不意を突かれた宮迫は噴出してしまいました。それが上の写真です。完全に爆笑しています。

それにしても、ノブまでションベンするとは・・。井戸田のションベンのときよりは、多少面白かったですが、それ以前にきたなくて笑えない!

スポンサーリンク

くっきーがピンポン玉を口に咥える

次のシーンですが、くっきーが写真のような姿になりました。口の中にピンポン玉を咥え、出し入れします。

フジモンの目の前で、何回か繰り返しましたが、フジモンは笑いませんでした。それにしても、クッキーは次から次と新しいことを始めて楽しませてくれます。

スポンサーリンク

フジモンが全身タイツで参上

フジモンが写真の姿ででてきました。車の衝突試験に使われる人形の姿です。そのまま直進して、ドアに体当たりして、こけました。笑

しかし、アマゾンのドキュメンタルでは誰も笑いません。なんという厳しい世界でしょうか。

ノブと飯尾がゾンビタイムでフジモンを笑わせる

またまたゾンビタイムとなり、今度はノブと飯尾がまたまた汚いことを始めだしました。

どうやら、空気を肛門からいれて、屁をここうとしているようです。これも汚いし、痛々しいし、見てられません。

飯尾は見事に屁をこきましたが、ノブは屁がでませんでした。それを見たフジモンが噴出しました。完全に爆笑しています。フジモンがレッドカードで退場しました。

スポンサーリンク

判定でクッキーの勝利!

そして、制限時間の6時間が終了しました。松本がでてきて、今回は勝者がいるといいました。

そして、松本の口から発表されたのはクッキーでした。

なんと、多く笑わせたくっきーが1ポイント差で勝ちました。クッキーは感動のあまり、うまく喋れていません。

「うそ、マジっすかー。俺初めてや~こんな人生で。あっあっ」とめちゃくちゃうれしそうです。どうやら、何かで1位になるのは人生で初めてだったようです。

私も今回は完全にくっきーの勝利だと思いましたし、視聴者全員納得の勝利でしょう。

勝利後のくっきーのインタビューですが、冷静でした。「後半失速してしまった」と言っていました。

確かに過去のドキュメンタルでやったネタもたびたび出てきて、またそれかよ。

と思った人もいるでしょう。しかし、新しい芸もかなりしていたので、そこまで気にすることはないかと思います。

くっきー、おめでとう! くっきーの喜ぶ姿は珍しいと思います。シーズン4の最終話「5. 最後の攻防」の28分0秒から始まります。

スポンサーリンク
関連記事と広告