ドキュメンタル4『第4話』全く面白くない!宮迫と井戸田の下品すぎる下ネタ

アリスです。

ドキュメンタルシーズン4の第4話が公開されました。今回は久しぶりに全く面白くありませんでした。一部面白かったシーンもあったのですが、宮迫と井戸田の下品すぎるシーンのせいで、他も台無しになったような感じです。

面白ければ、下ネタでも全然いいと思います。しかし、今回のは全く笑えない面白くない下ネタでした。久々につまらなかったです。

ドキュメンタルシーズン4の全エピソードは下記記事でまとめています。

アリスです。 ドキュメンタルも3か月ぶりにシーズン4が放映開始されました。 今回は12月1日の金曜日に始まりまし...

面白くなければ意味がない

アマゾンビデオはネットTVなので、ある程度なんでもできます。

さすがに、露出などした場合は、モザイクははいりますが、基本的に何でも許されています。

いまのTVはつまらないので、こういったネットTVで限界を突破するのは非常にいいことなのですが、それは面白い前提での話です。

今回の宮迫と井戸田の笑いは下品すぎました。幼稚園児や子供が大好きなネタなのですが、大人は笑う人が少ないような気がします。

しかし、今回も松本はゲラゲラ笑っていました。分かりませんが、松本のような笑いの神様には、原点回帰じゃないですが、こういった下品なものこそが本当に面白いのかもしれません。

スポンサーリンク

くっきーが爆風スランプに変装

白塗りででてきました。

視聴者のほうも、少し変装になれてきて笑いがとれなくなっているかもしれません。

西澤が侍の恰好で出てきた!

西澤が前回ぐらいから、いい味をだしています。侍の恰好をして出てきました。

京都の太秦の撮影の合間に来たとか言い出しました。83時間暇な時間があるとのこと。

シャツおおっきなーと誰かが突っ込んだのですが、それに対して西澤はXSですと言います。

「XL」じゃなくて?」

西澤「XSです。アフリカのやつなんで。」西澤のボケは、個人的にはツボにはまり、面白かったです。

スポンサーリンク

黒沢のおもんないコント。ごめん黒沢。

黒沢がフジモンに金色のレオタードを着せて、一緒に踊りながら歌いだします。

しかし、落ちがなく、永遠とも思えるような時間が経過します。おそらく、20分ぐらい、このおもんないネタをやっていたんじゃないかと。

女子で一人頑張っているのに、厳しいコメントを書いてしまいごめん黒沢。黒沢が、がんばっているのは非常にわかるのですが、自分の正直な気持ちをいうと面白くなかった。

そこに西澤が、「さじみのる」に変装して出てきました。

さじみのるを知らない方は、前回の記事をご覧下さい。

アリスです。 ドキュメンタルシーズン4の第3話が公開されました。今回も面白いですが、特にフジモンのすばやいツッコミがいいです。...

さじみのるは、プーマの財布を探していたのですが、無理やり黒沢のネタに巻き込まれました。それでも誰も笑わなかったため、ついにくっきーがでてきました。

いつの間にか、テディベアに変装していました。黒沢の歌に合わせて、素晴らしいリズム感で踊ります。

それを見た大悟が笑ってしまいました。しかし、その笑い顔が下のような少しあいまいな感じなんですよね。確かに、笑っているのは笑っているんですが。

ただ、これでとるなら、シーズン3の極楽とんぼ山本なんて、何度もこんな感じの含み笑いしていたはずですがとられていません。松本の判定は、かなりいい加減と言わざるを得ません。

もしかすると、今回は永遠とも思える黒沢の長い芸を終わらせるために、厳しめに判定したのかもしれません。

黒沢がタイツをかぶる

黒沢がタイツを被って出てきてコントを始めました。みんなから、大島にそっくりと突っ込まれます。確かに、大島に似ています。

しかし、面白くはなかった。

スポンサーリンク

宮迫の問題のシーン

このシーンをみた、井戸田が口を大きく開けて笑うのを我慢しながら、逃げています。

これはこれで、ずるいなーと。

代わりに、飯尾が犠牲になりました。宮迫が変な本を持ちながら、下がある状態になっているわけです。ここでは下品すぎて説明できませんが、この言葉でだいたい想像がつくと思います。

笑えるシーンならまだしも、私は面白くありませんでした。

少なくとも、日本の人口の半分である女性陣はドン引きしたと思います。この番組は女性はほとんど見ていないのかもしれませんが。

制作側も、女性の視聴者ははなから捨てていて、男性の視聴者しか対象にしていないのかもしれません。笑いに性別は関係ないのですが、このシーンはおもろなさすぎるし、しかも下品だし。

井戸田の問題のシーン

井戸田がおしっこをしました。それをみて、みんな驚いた表情をしていました。

フジモンと西澤の驚きの表情。そして、手にかかってしまった宮迫がのけぞっています。

まさか、そんなことするとはだれも予想していなかったのでしょう。

しかし、全くおもろなかった。多くの視聴者は不快な気分にしかならなかったと思います。

もちろん、これが面白かった人もいるとは思いますが、宮迫のシーンと同様、人口の半分である女性陣はドン引きしたと思われます。

この番組は面白さを突き詰めるのであって、単に下品なことをする番組なのでしょうか?

私はつまらない・・と思ってしまいました。

スポンサーリンク

笑わせてほしいと願う

西澤にもっと頑張ってほしいです。結構いい味だしているのに、攻めがいまいち弱い。

もっとガンガン行けばいいのに。くっきーはガンガン攻めていますからね。

ただ、くっきーはすでに3回も出場していて、若干視聴者は飽きぎみかもしれません。同じことの繰り返しになりつつありますから。

ドキュメンタルは面白いので、大好きですが、今回がつまらなかったというだけです。下ネタでもいいんですが、今回のは単に汚い、下品だっただけのような気がします。

松本や会場のスタッフはゲラゲラ笑っていましたが、全く理解できませんでした・・。

宮迫の問題シーンは、シーズン4の「4. 全てをさらけ出す闘い」の44分37秒からです。そして、井戸田の問題シーンは、50分0秒からです。井戸田のシーンでは、宮迫が気持ち悪くなったようで、嘔吐いています。

宮迫と井戸田の問題シーンを見る

スポンサーリンク
関連記事と広告