仮想通貨リップル暴落 与沢翼が保有していたリップルの気になる行方とは?

アリスです。

先日リップルの暴落があり、与沢翼氏はその暴落をどのように乗り切ったのかを教えてくれました。

与沢翼ですが、暴落前に持っていたリップルの半分を利確し、12億円を得ています。元々投入した資金は1億3000万円程度なので、半年かからずテンバガー以上となったわけです。

本当に稼ぐことの天才というか、運だけでこれはできないです。与沢氏に先見性の明があったからといえます。

しかし、リップル暴落で一部の人が、与沢翼に対して冷やかしているらしく、与沢翼もこれには相当いら立っているようです。

スポンサーリンク

与沢翼を冷やかす人たち?

リップルが暴落したことで、高みの見物で見てた人が続々と集まってツイートしているようです。日本人が大好きな、人の不幸は蜜の味というやつなのだと思います。そういった考えでは、今後99.9%稼ぐことは無理なのではないかと思います。そもそも稼いでいる人間は、こんな暇なことしていません

与沢翼が動画で紹介したツイートの一部写真です。確かに色々ツイートされていますね・・。

「ストップ下手な人はちょっとトレーダーとして尊敬はできないです。笑」のツイートに対して、与沢翼は動画で「そもそも、この人はトレーダじゃないと思うし、そんなことを言われる筋合いはない」と反論していました。

まあ、単なる自称トレーダというやつなのかもしれません。そもそも尊敬されたいと与沢翼は思っていないのだと思います。

他にも、「与沢はん息しとるんやろか・・」というツイートです。そもそも、赤の他人が息しているか心配する人はこの世にいません。与沢翼はこのツイートにもいらついていました・・。

このツイートをしている人は、リップルが暴落したのがうれしくてたまらないのだと思います。「与沢損した損した!がっはっは」と大笑いしている様が目に浮かびます。

実際は与沢翼はリップルを半分売ったわけなので大きく儲けています。もう半分も、大半が低い取得単価で購入したものなので、トータルはプラスです。

スポンサーリンク

自分の心配をすること

人の心配なんてする暇があれば、自分のことを心配しましょう。日本には他人の失敗をネタにする人が多いですが、正直その精神では成功することは難しいのではないかと思います。

意味のない、くだらないツイートをする時間があるなら、今自分がやるべきことにフォーカスすべきです。目標を立てて、そのために時間を使いましょう。

くだらないことばかりに時間を使っていれば、10年後も今の生活と全く同じことを繰り返しているということになるかもしれません。

スポンサーリンク
関連記事と広告