ドキュメンタル幻のシーズン0!板東英二がビンタされた顔が面白い

アリスです。

非公開だったシーズン0が公開されました。シーズン0は、実験として収録されたもので、アマゾンビデオではこれまで公開されていませんでした。

上の写真は開始のチャイムから3秒後に、トレンディエンジェルの斉藤が行った芸です。

誰も笑いませんでしたが、ドキュメンタルのすべてはココから始まったと松本はコメントしています。

スポンサーリンク

ロバート秋山がヒステリックを起こす

次に行動したのは秋山です。急にヒステリックになり、どうなってんだよ~!ここから出してくれよ~と叫びながら部屋を駆け回ります。

ヒステリックな顔をして泣き叫ぶ演技をすれば、笑わなくて済むので秋山はその戦法を使ったのです。

そのシーンをみた森三中の大島がこの顔です。面白かったようです。

秋山ですが、駆け回っている途中で椅子にスネをぶつけて痛がっていました。

スポンサーリンク

今度は大島がヒステリックを起こす

今度は大島です。大島が秋山をマネました。

ベット脇で、男たちに向かって泣き叫びます。

「このベッドに私を押し倒して何かするつもりなんでしょ!いやらしいこと考えているんでしょ」と叫びます。

それを見た、坂東英二が「大丈夫や、俺がそばにいたるから」と近寄ってきます。

俺なら大丈夫やろというのですが、大島は「あんたが一番嫌や」と叫びます。

坂東英二が「なんでやねん。俺なにがどうなったってたたんのやから。バイ〇〇ラ飲んでも。」と言います。

そのセリフを聞いたトロサーモンの久保田は坂東の近くにやってきて、「女性の前で何言ってんのや!」と言い坂東にビンタしました。

大島が泣き叫ぶのをやめた後、坂東さんは久保田に「たたくのはあかんぞ!俺は怒らへんけど」と説教しました。

ちなみに、坂東さんがビンタされたシーンをみた大島は、実は笑っていました。

スポンサーリンク

坂東英二にアツアツの柿ピーを渡す

今度は、ハチミツ次郎が、柿ピーをフライパンでいため始めました。

みんなに配りますが、「ちょっとIHなので火が弱い」と言います。

最後に来た坂東さんに渡す前にじっくり炒めます。頃合いを見て、はちみつが柿ピーを触ったところ、めちゃくちゃ熱かったのか、すぐに手を引っ込めました。

しかし、嘘をついて坂東さんに、「ちょうどいい感じになりました。どうぞ」とお玉ですくって大量に渡します。

「ちょっと熱いやないか!お前なにしとんねん!」と怒る坂東さん。

そしてにやけるはちみつ。嘘をついて坂東さんにアツアツの柿ピーを渡したのです。これは面白かった。

もちろんイエローカードをとられました。

スポンサーリンク

何もしない内間。

参加者としてスリムクラブの内間が参加していましたが、ほとんど何もしませんでした。

唯一面白いのがこの頭の形でしょうか。なんでこんなにガタガタで長い頭なのでしょうか。

私はこの頭が面白かったです。

おにぎりとバッドボーイズ清人何のために来た?

おにぎりと、バッドボーイズ清人まったくおもんなさすぎて残念。

ドキュメンタル中もほとんど取り上げられず。

おにぎりがバイトをして100万貯めたらしいですが、そんだけがんばって、何もできないようなら、出ないほうがマシでしたね。

100万円を寄付しに来たのか?

確かにあの空気感はきついが、それに飲まれたらおしまい。

スポンサーリンク

14時間の長丁場の結末はタイムリミットで終了

途中、レッドカードで退場したのは、ロバート秋山、森三中大島、坂東英二の3人です。

坂東さんが途中で抜けてから、いじる人がいなくなったため、空気が一気に変わりました。

誰も笑わなくなったのです。

シャンプーハットのこいちゃんが結構仕掛けていたのですが、笑わせるまではいかず。

私はこいちゃんは大阪時代から知っていますが、「ワタリガニのクリームスパゲッティ~」のギャグが一番有名ですね。大阪時代はほぼ毎回テレビに出るたびにやっていたギャグです。残念なことに、ドキュメンタルではみれませんでした。

最後はシャンプーハットこいちゃん、スリムクラブ内間、トレンディエンジェル斉藤、ハチミツ次郎、トロサーモン久保田、おにぎり、バッドボーイズ清人の計7人の芸人が残った状態でタイムリミットで終わりました。

100万円は各自に返却されたのでしょうね。

スポンサーリンク
関連記事と広告