バチェラーで桃田奈々がデートに誘われたのにローズをもらえなかった理由

こんにちは、アリスです。

アマゾンプライムTVのバチェラーシーズン2がとても面白いです。番組自体は面白いのはもちろん、VTRの途中に挟まれる今田耕司、オリエンタル藤森慎吾、サシコこと指原莉乃の会話もかなり笑えます。正直、同じアマゾンプライムTVで人気のドキュメンタルより笑えます。

特に、今田、藤森の男性目線の可愛いコメントに対して、指原がそれはないわー的な顔で指摘したり、馬鹿にしてゲラ笑いするシーンが多々あるのですが、それがまた面白いです。

今田と藤森は恋愛にロマンティックさを求めているのか、恋愛観が高校生レベルだなと思うような発言をしょっちゅうするのですが(笑)、一方の指原はとことん現実思考でバシバシと鋭い発言をします。

それが、またかなり的を得た意見だったりするので、毎回爆笑しています。今回の桃田奈々さんについても計算高いとか色々と言っていました。

スポンサーリンク

バチェラーと桃田奈々の2ショットデート

シーズン2の第6話では桃田奈々さんが最初の2ショットデートに誘われました。これまでの各回では桃田奈々の印象がいまいちでした。

特に沖縄では、数年前のおぼれた経験を林太郎に話したりもしており、正直重い話でした。自分の好きな人だからこそ、知っておいてほしかったことだとは思いますが、楽しい沖縄で、今それ言わんでも・・と思いました。その前日に砂浜や浅瀬でビーチフラッグをしてみんなで遊んでおり、バチェラーの林太郎はまじめなので、申し訳ない気持ちになったかもしれません。

それはそうと、第7話では、桃田奈々さんが2回も小柳津林太郎のデートに誘われました。

最初のデートは2ショットデートで、軽井沢でのハイキングでした。

実は前日に、女性陣が林太郎に手紙を書くというイベントがあったのですが、デート中に手紙の話題になったときに、林太郎は桃田奈々が書いた手紙を予測しました。しかし、見事に外れました。そのときの林太郎の顔です。

シマッタ!!!!という表情が丸わかりです。焦って、手にしているカップを口に持っていっているところも面白いですね。

下記が桃田奈々さんが書いた手紙です。この手紙について、林太郎は驚いていました。私もイメージと違ったので、意外でした。

手紙に唇マークをつけて、この唇で誰か当ててね♡と書いてありますが、ずいぶん思い切ったことしたなーと思いました。ちょっと引いた人もいるかもしれませんが、個人的にはこういった手紙で心を動かすのは難しいかなと思いました。

計算高い感じがして、心が動きにくいのではないかと思います。

また、「今日しかできない想い出をみんなで作ろうね!」という一文もいまいちなのかなと。特にみんなという表現がよくないです。

手紙の上部に書かれた文章が公開されなかったので何とも言えないところはあるのですが、もっと自分の真っ直ぐな気持ちを書いたほうが相手の心に響くんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

2回目のデート

その翌日に今度はグループデートで、桃田奈々がまた選ばれました。

デートの途中で、桃田奈々と林太郎が二人きりになるシーンがありましたが、そこで、桃田奈々は「今日はハグだけじゃ足りないから、ちゅうしてくれるまでみんなのところには帰らない。」と林太郎に言いました。

最初、林太郎は少し困った様子で「え~」と言いましたが、すぐに「もちろんいいよ」と言ってちゅうをしました。

桃田奈々を2回デートに誘った理由

バチェラーの林太郎は、他の女性を差し置いて、長野で2回も桃田奈々を誘いました。この理由について、前回の2ショットデートで桃田奈々がとても楽しんでくれていたから、違う景色を見せたらもっと素敵な笑顔を見れるんじゃないかなと思って誘いましたと語っていました。

しかし、実際のところは、桃田奈々を外すかどうかを検討しているためということが後からわかりました。なぜなら、2回もデートに誘った桃田奈々をローズイベントで切ったからです。

ここまでもそうでしたが、何度もデートに誘うのはその女性を残すのか切るのかを迷っているときです。残すって思っている女性はデートに誘う必要がないからです。

桃田奈々さんは2日連続でデートに誘われたことを喜んでいましたが、ローズイベントでローズをもらえなかったのは相当ショックだったかもしれません。

デートに誘われた理由が実は気に入られていたからじゃないということが分かればショックだと思います。。

桃田奈々の手紙を間違えて、小柳津林太郎がシマッタ!!という表情をしたシーンは、エピソード6の23分10秒あたりです。

バチェラーシーズン2桃田奈々の手紙を間違えて、ギクッとする小柳津林太郎を見る

スポンサーリンク
関連記事と広告