セブンイレブンのマンゴーアイスは驚くほど濃厚!その理由は?

アリスです。

仕事帰りに車の運転をしていると、小腹が空いてきました、サッパリしたものが食べたい!

そんな時脳裏に浮かんだのがセブンイレブンのマンゴーアイスです。

さっそく、帰り道に寄ってお買い物〜♫

スポンサーリンク

セブンイレブンのマンゴーアイス

その名も

まるでマンゴーを冷凍したような食感のマンゴーアイスバー。

2013年に初めて販売され、2016年7月12日にリニューアルされました!

冷凍したマンゴーを口の中でゆっくりと溶かして食べているような、ねっとりしたやわらかな果肉感のあるマンゴーアイスバーです。

食感がマンゴーそのものなのです。

一本食べたら、もう一本食べたくなります。私が今まで食べたアイスの中で一番美味しいと感じたアイスバーです。

暑くて、体がだるく食欲がない時、リフレッシュしたい時に食べるとより美味しく食べれます。

マンゴー果汁25%

なんと、アイスのうち25%がマンゴー果汁なのです。つまり4分の1が果汁でできているということになりますね!

価格

マンゴーアイスバー 1本

140円

小学生でもお小遣いで簡単に買えます!

スポンサーリンク

氷菓に分類される

氷菓とは、氷に糖液を混ぜて凍らせたものです。乳固形分はほとんどありません。商品としては、アイスキャンディーやかき氷などがあります。

以前ブログで紹介しましたが、アイスの種類は氷菓を含めて4種類あります。

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス
  • 氷菓
アリスです。 ピノ美味しいと思っている人は沢山いるのではないでしょうか? 昔ながらの人気のピノはアイスクリームに分類され...

しかし、このセブンイレブンのマンゴーアイスは、同じ氷菓のガリガリ君と違って、かんだ時の食感が濃厚すぎるのです!いったい、何が違うのでしょうか?

スポンサーリンク

濃厚な味の秘密はアルフォンソマンゴー

マンゴーの王様といわれています。

オレンジ色がとても濃いです。皮が薄くて品質保持がむずかしいといわれています。日本への輸入では必要な加熱処理にアルフォンソマンゴーが適していないことから、ほぼ入手が困難といわれています。

スポンサーリンク

デキストリン

セブンのマンゴーアイスには、デキストリンという、怪しすぎる名前の添加物が含まれています。

調べてみると、デキストリンとは、デンプンでした。

このデンプンがのりの役割同様、マンゴーアイスを濃厚にしているのです。

感想

同じセブンのシリーズ「まるで〇〇を冷凍した…」は、以前に、桃、キウイ、バナナ、メロン、パインなどが発売されています。

セブンイレブンは今はどこでも有ります。セブンイレブンに行ったついでに、買ってみて下さい。絶対マンゴーの味の濃さにはまり幸せの気分を味わえます!

スポンサーリンク
関連記事と広告