バチェラーでの蒼川愛の喋り方がイライラする理由。売名と言われても仕方がない

こんにちは、アリスです。

バチェラーシーズン1、本気の婚活番組というコンセプトが面白くて、とても楽しくみています。

しかしながら、回が進んでいくうちに、蒼川愛のかわいこぶった喋り方にイライラするようになってしまいました。

蒼川愛だけが、そういった喋り方をしていたわけではないのですが、イライラしてしまった大きな理由があります。

それは森田紗英を、ゆきぽよ、柏原歩、古賀あかねが中心となり言葉でリンチしていたシーンがあったからです。蒼川愛はこのシーン、リンチには参加せず、ただ黙っていたのですが、これが本当に腹が立ちました。特に反論するわけでもなく、同意するわけでもなかったのですが、このだんまりが、ゆきぽよが正しいということを支持していたように見えたからです。表情で分かりました。

もう一人黙っていた人間として岡田ゆりこがいましたが、この子は何か言いたそうでした。結果的に何も言わなかったのですが、ゆきぽよの言っていることに賛同しているようには見えませんでした。

スポンサーリンク

猫なで声と、語尾を伸ばす喋り方

バチェラーでは、番組のところどころで、デート時の本人達の感想がはいりまして、途中途中に挟まれる、これら感想が番組を面白くさせています。

この感想シーンで、蒼川愛は毎回毎回、猫なで声と、語尾を伸ばす喋り方をしていました。

この話し方になった理由として、蒼川愛本人は緊張していたからといっています。しかし、それは表面的な理由だと思います。実際は、人によく見られたい、可愛くみられたいという意識がそのような喋り方をさせているというのが真の理由です。大抵は無意識に起こります。

喋り方には、本人の深層心理で考えていることでます。例えば、早口で喋る人の意識下には恐れがあるというのは、心理学では有名な話です。

他の出演している女子との会話や、久保との会話でも、基本その喋り方は同じですが、感想シーンは相手がカメラなので、とくに強調されて見えました。

一例として、タイでの久保とのツーショットデートのときのインタビュー内容を紹介したいと思います。

「今日の久保さんは〜、私と同じ辛さのものを食べたときに〜、からっ〜ていってて〜、汗も〜全然すごかったし〜、なんかそういう姿をみてて〜、なんかすごいかわいいな〜って思いました。

いつもの久保さんと〜違うから〜〜、なんか素の久保さんがでたっていうか・・」

さらに言うと、蒼川愛は語尾を伸ばすことに加えて、語尾をあげて喋るのですが、これがイライラに拍車をかけました。

語尾をあげることで、テンションが高く聞こえ、より私かわいいでしょ感がでてしまうわけです。蒼川愛に悪気はなかっとしても。

アイドルを目指している女性によくありがちな喋り方で、可愛くみられたいとか、周りによく見られたいという意識が、こういった喋り方にさせます。

そういった意味では、蒼川愛の猫かぶり具合は、出演女性陣の中でダントツのトップだったのではないかと私は思っています。

なんせ久保だけでなく、他の女子とも同じ感じで喋っていましたし。大抵は男の前では猫を被っても、同性の間では猫かぶりません。

異性からも同性からも誰にも嫌われたくないという気持ちは、人間ならあって当然でありますが、それが理由か全く本気度も、一生懸命さも伝わってきませんでした。

バチェラーシーズン1の中で、蒼川愛と久保のシーンは全く面白味を感じなかったのは、そのためです。

とにかく浅い。久保とのデート、会話も表面的なものばかりだし、他女子との会話も、感想シーンも、どの場面も強く印象に残りませんでした。

スポンサーリンク

森田紗英と蒼川愛が対象的すぎた

一方で、森田紗英ことモリモリと久保のデートは毎回惹きつけられました。

画面越しではありましたが、森田紗英の本気な気持ちや、懸命さがあまりにも強く伝わってきたからです。

久保に対して、まっすぐに思いをぶつける姿はとても健気でした。

全てのエピソードを通してみ終わったときに、ほとんどシーンが記憶に残っていました。あげるとキリないですが、、

・初対面で久保の顔のホクロを触るシーン

・魚釣りで、唯一大物を釣って久保とのデートをゲットしたシーン

・久保に何回もデートにいきたい!と言っているのに久保が誘ってくれないシーン

・カノンのピアノを久保て一緒に弾くシーン

・大好きなおばあちゃんをバチェラーの期間中に亡くして、応援してくれていたばあちゃんのためにも、バチェラーを続けることを決意したことを久保に話すシーン

・ギャルのゆきぽよ含む他女子から、言葉のリンチを受けて、みんなの前で泣くのを我慢したシーン。(後から感想のシーンで、大泣きしています。これば、マジでひどすぎた。)

悲しくなるシーンが7割で、思いだすだけで、涙でてきてつらいです。

悲しいシーンが多いからこそ、最後はハッピーエンドになってほしかったのに私の願いは叶いませんでした。最後のローズイベントは最も悲しかったです。

蒼川愛には悪いですが、完全なバッドエンドでした。

蒼川愛は結婚に対して、中途半端な気持ちで参加していたのは事実。自身の今後の芸能活動に向けての参加という意味では、強い意志があったとら思いますが、久保との結婚には興味はない。

蒼川愛は、バチェラーの放送期間中に、自分の名前で検索して、心ない一言に傷ついて泣いていたようです。確かに可哀想ですが、これじゃあ売名と言われても仕方ないともいえます。

本気で結婚したくて参加していなかったし、更にいえば芸名で参加していたのも、裏目にでた。

ちなみに、本名は小林愛です。ただし、芸名で参加している女子は他にも多々いるため、蒼川愛だけを責めることはできません。

ちなみに森田紗英は本名です。

さて散々、蒼川愛のことを悪いように書いてしまいましたが、彼女は現在ユーチューバーとして活動しています。ユーチューブ動画では、やっと素の蒼川愛がみることができました。

素の蒼川愛をみたら、バチェラーの時が完全に演技だったと気づくと思います。同時に、素の蒼川愛の魅力にも気づくでしょう。少なくとめ悪いやつではない。

このまま記事を読み終えたら、蒼川愛に悪い印象しか残らないので、ぜひ見てあげてほしいと思っています。スッピン公開しているのは、正直でいいね。

スポンサーリンク
関連記事と広告