バチェラーシーズン1の参加女性を全員紹介。森田紗英が品のある顔立ちだった

こんにちはアリスです。

アマゾンプライムビデオでバチェラーシーズン2が始まって、ドはまりしています。シーズン2はこの記事を書いている時点では7話まで終わっています。続きを待つ間、シーズン1も見てみました。ただ第1話だけみると、野次馬、売名で来ているのではないと感じいう人が多いように感じました。

ご存知の方もいるかもしれませんが、人選などはTV業界を牛耳っている電通が行っているようです。久保裕丈に日本第1号のバチェラーをやらないかと声をかけたのも電通の人です。そのため、実際の参加者もグラビア、モデル、アイドルなどをやっている人、過去にそういった関連の仕事をしていた人が多かったです。

とはいっても、シーズン1なので仕方がありません。まだ一般人は誰も知らない状態なので、本当の一般人から25人集めるのはムリかと思います。

メインパーソナリティーの今田耕司は、番組の最初に「日本全国から厳しい審査を経て集められた25人の女性」と声高らかに語っていましたが、さすがにそれは嘘かなとは思いました。

スポンサーリンク

初対面の挨拶で誰が残るか分かった

私は、女性と久保が初対面するときの女性の挨拶をみて、25人の中で誰が残るか予想しました。私が残ると予想したのは、森田紗英、蒼川愛、岡田ゆり子、中村美緒莉、山本沙樹です。実際、この中の森田紗英、蒼川愛が最後の二人に残りました。

個人的には、最終回の森田紗英さんが告白する姿は感動しましたし、ローズイベントで選ばれなかった姿は、本当に悲しかったです。

久保裕丈は、最初の挨拶の時点である程度決まってたのではないかとも思います。女性は、この記事で書いていることに対して反感をかうかもしれませんが、多くの男は見た目で好きな女性を決める傾向があるからです。ただ、見た目が良くても性格が悪い人とは結婚生活は続かないと思います。

それでは、シーズン1に参加した女性を一挙紹介したいと思います。

最初にリムジンからでてきたのは、柏原歩(かしわばらあゆみ)です。フードコーディネーターで料理が得意のようです。

後から知ったことですが、実は6年付き合った彼と数カ月前に別れたことなどもあって、バチェラーに参加しようと決めたみたいです。一人の人と長く付き合うことができる女性で、根はとてもまじめな性格なのだと思います。

次は、坂本くるみです。TVタレントです。最初の久保への挨拶の際、ジム通いが好きで、足の筋肉を鍛えるために頑張っていますと話していました。

泣いている他の女性を思いやることができる性格で、とても優しい性格の女性だと思います。

岡田ゆりこです。着付け師をされているようで日本文化に詳しいみたいです。可愛らしい目をしていて色白美人だと思います。ただ、髪型&メイクがばっちり決まっていて、耳につけている装飾品が結構目立つので、若干近寄りがたい雰囲気があります。

この子はかなり本気で参加していたようで、回を重ねるごとに女の子っぽくなっていきます。ドレス姿よりも私服姿が女の子っぽくて、とてもかわいかったです。

水野麻理恵です。イベント制作アシスタントらしいです。ショートカットが少しボーイッシュな印象がありました。性格はとてもかわいく、女の子って感じの人です。

KONANです。本名は高橋真由美?らしいです。久保にKONANですとか紹介しているのは少し残念でした。あまり本気で結婚目的で参加したのではないのかもしれません。

小笠双葉です。常に笑顔で、女性として愛嬌はありました。ただ、ちょっと落ち着きがなくて、少し子供っぽい印象を与えたかもしれません。でも笑顔はよかったです。

中村美緒莉です。大人の女性という雰囲気をまとった人がでてきました。ドレスも派手すぎず、かわいらしい感じの男受けしそうなドレスです。

一応、翻訳家と語っていましたが、実際はグラビアアイドルもしているようでした。

木村ゆかりです。Webコンテンツ制作の仕事をしているようです。実際は歌手活動もしているようです。ボブの髪型が今時でかわいらしくしていますが、目は少しきつい感じでボーイッシュな印象を与えます。美容師の免許をもっており、髪型がかわいいのは納得です。

ラップが大好きと久保に話していました。

古賀あかねです。モデルで、新調170cmとスタイル抜群です。かわいらしさという点では、他の女性に軍配があがるかもしれませんが、回が進むごとに女性らしいところをたくさん見せてくれました。

飯倉早織です。レポーターをしているそうです。久保への最初の挨拶で、本当に会いたかったといいました。なんと、バチェラーに参加する前に、出雲大社にお参りに行ったそうです。

かなり本気で、今回バチェラーに参加しているという印象を受けました。

西村えりかです。ネイリストです。

山本沙樹です。愛犬家??というのは適当な肩書で、実際はモデル活動しているようです。

見た目は可愛いらしいので、この人が最初に落とされた理由は若すぎたからかもしれません。最初の挨拶すらカットされていたので、淡白すぎたのかもしれません。

辻川可奈子です。モデルか、アイドルの仕事していそうですね。挨拶シーンはカットされていたのでよくわかりませんでした。見た目も髪型も最もゴージャスな印象を受けました。

鶴愛佳です。バチェラー久保への初対面のときの挨拶で唯一プレゼントを渡しました。しかし、そのプレゼントが、折り鶴でした…。鶴という苗字だから折り鶴です。

ただ、最初の挨拶で何も渡さない人がほとんどの中で、何か渡すというところは女性らしくてよかったです。鶴以外のほうがよかったとは思いますが。

沙倉しずかです。レースクイーンらしいです。1話のローズイベントで選ばれなかったことに対して、久保に「見る目ないね」と言って去っていきました。この言葉を言われた久保の顔は若干ひきつっていました。とても、厳しい一言でした。

森田紗英です。ウェイトレスをしながらモデル活動をしているみたいです。今回の出演女性の中で、一番品のある見た目のように思いました。とてもやさしい声をしていました。声や仕草で、優しい子なんだろうなというのがわかりました。確実に残るなと思ったら、やっぱり最終回まで残りました。

北海道出身で、ウェイトレスの仕事をしながら、モデル活動をしています。

塗田麻美です。こってこてな関西弁で、大阪のおばちゃんという感じがしました。バチェラーの久保を指さしたり、あだ名を提供するとか上から目線でガンガンしゃべってきます。

本人は久保がおもろい女が好きだったら残れるといっていましたが…。一体どういった人選で選ばれたのかは分かりませんでした。

松長ゆり子です。少しきつそうな印象がしますが、回が進むごとに女性らしい部分がどんどんでてきて、かわいくなっていきます。

最初の時点では、緊張しているようで、バチェラー久保にお酒を飲んだらもっと喋れるようになるといっていましたが、初対面でいきなり酒好きなことをアピールしないほうがいいとは思いました。

南野カイリです。カタカナでカイリなんて、明らかに源氏名のような気がします。イベントコンパニオンをしているからと思いますが、最初の久保への挨拶が完全にコンパニオンの挨拶でした。

バチェラーの久保が名乗った次の瞬間に「はーい」と言葉をかぶせてくるあたりとかが、業者の人という感じを受けました。

宮城智夏です。目が可愛いですね。久保に寒くないですか?と気を使ったのですが、そっちこそ寒くない?と聞かれ、「寒いからギューッとして」と言って、久保とハグしました。

久保は若干、困りながらもハグしました。

木村有希です。今時珍しいギャルです。なぜ、この人を呼んだのかは全く持って不明でした。正直、売名としか思えませんでした…。

いきなり、久保にギャル好き?大丈夫ー?慣れるよーとか…。

ただ、意外と女の子っぽいところがあって、料理ができたり(オムライス)、久保のために黒髪にしたりといった行動が、視聴者からも好感を得ていました。

橋本麻衣です。シンガーをしているみたいです。関西出身で、関西弁は嫌いかどうかを久保に聞いていました。久保は関西弁を話す女性は好きみたいでした。

その流れで関西弁を話すのかと思いきや、普通の標準語で、「もしかしたらたまに関西弁がでるかもしれません」と話しました。最初から関西弁のほうがよかったかもしれません。

小菅怜衣です。女優見習いということで、日々頑張っているようです。

豊島はるかです。積極的に前に出るタイプではないから、うまくできるか不安と久保に話していました。少し化粧がきつすぎるように思いました。

選ばれない不安から、この後、号泣してしまいました。

最後25人目が蒼川愛です。本名は小林愛です。バチェラー参加時点では学生でした。

元々アイドル活動をしていたようで、声がかかったみたいですね。

学校卒業後は、女優、ユーチューバーとしても活動しています。島根出身で、母親が先生です。

蒼川愛がシーズン1の最終回まで残り、最後バチェラーの久保と結ばれました。残念なことに、半年ほどで別れることになったようです。

スポンサーリンク
関連記事と広告