バチェラージャパン1最終回に感動!蒼川愛と森田紗英のスッピン姿と告白内容

こんにちは、アリスです。

バチェラージャパンのシーズン1の最終回です。とてもロマンチックなシーンが盛りだくさんでした。もちろん、とても悲しいシーンもありました。ネットTVのクオリティの高さにびっくりしました。バチェラージャパンは、Amazon Prime会員であれば無料で視聴できますので、ぜひ会員になって視聴されるとよいかもしれません。とてもロマンチックな気持ちになれること間違いなしです。

バチェラージャパンは、Amazon Primeの独自配信番組ですが、最近はHuluやNetflixなどの動画視聴アプリなどでも独自配信のコンテンツがどんどんでてきており、クオリティが上がっているように感じます。

それでは、感動の最終回の全容を解説したいと思います。

最後のローズセレモニー当日の朝

最後のローズセレモニー当日の朝、ヒロインの森田紗英さんと蒼川愛さんのスッピン姿が映されました。

蒼川愛のスッピン

まずは愛さんのスッピンです。メインパーソナリティーの今田耕司も言っていましたが、目が大きく目力がありますね。頬はふっくらとしています。

森田紗英のスッピン

そして、森田紗英さんのスッピンです。とっても小顔で、目もきれいな二重ですね。

蒼川愛のメイク中の姿

もちろん、スッピンでローズセレモニーにいきません。お二人ともばっちりとメイクをしていきます。

下記画像は、ローズセレモニー当日の朝のメイク中の蒼川愛さんです。ドアップですが、口紅を塗っているシーンです。気合十分ですね。

ローズセレモニー前日の森田紗英

こちらは前日夜の森田紗英さんです。写真からはわかりませんが、翌日のローズセレモニーに着る白のドレスを手にもって合わせようとしている姿です。翌日、好きということを告白する意思が固まったような顔つきです。

スポンサーリンク

森田紗英(もりたさえ)さんの告白

最初に森田紗英さんが白色のドレス姿で、久保さんのもとにいきました。そして、久保さんが話し始めました。

「今回、紗英のおかげで、本当に人とまっすぐ向き合うということをおしえていただきました。そうやって、まっすぐと人と向き合うと、その人の魅力が本当によくわかることも紗英が教えてくれたことだよ。いつも、紗英ってひたむきで真っ直ぐですごくつらいことがあったときやしんどくなった時も俺に勇気をくれました。紗英は俺に成長と勇気をくれた人です。ここまで一緒に旅をしてくれてありがとう。」

次に紗英さんが話し始めます。

「私からはまずはお礼を言わせてください。ここまで残してくれてありがとう。後は…いろんなところに連れて行ってくれてありがとう。後は…私の両親に会ってくれてありがとう、後は…久保さんの御両親にも会わせてくれてありがとう。

最後に私から伝える言葉は、やっぱり一つしかなくて…私は久保さんのことがすごく好きです。くしゃって笑った顔も、優しいところも、すごく気配り上手なところも。後は…ちょっと涙もろいところとか、他人のために涙を流せるとことか。もう全部全部久保さんが大好きです。」

紗英さんが勇気をもって、自分の思いを全部伝えました。一つ一つの言葉にとても重みがあり、とにかく好きという思いが伝わってきます。

蒼川愛(あおかわあい)さんの告白

次に蒼川愛さんが白色のドレス姿で、久保さんのもとにいきました。そして、久保さんが話し始めました。

「いつからか、愛のことをみんながいる場所でも目で探している自分がいました。最初はあまり話す機会はなかったけど、でもだんだんと一緒にいられる時間が多くなって、そんなときに俺は本当に自分らしく入れたし、笑顔でいることができました。愛は俺に癒しと笑顔をくれました。ここまで一緒に旅を続けてくれてありがとう。」

そして、愛さんが話し始めます。

「こちらこそありがとうございます。やっぱり2か月すごくあっという間だったなと思っていて、でもそんな短い時間の中でも、自分と自分の心と向き合って、ひろと向き合って、こんなに真剣になれたのも、こんなに好きになれたのも、自分にとって初めてだったから、すごくうれしくて、すごく2か月短い間なのに、こんなに好きになっている自分がなんか信じられない。びっくりしているの。でもそれもきっと、ひろだから、こんなに好きになれたと思うし…しっかり私のことをみてくれたからすごくうれしかったし…。素敵な思い出をありがとうございました。」

愛さんの言葉からも、久保さんのことがとても好きという気持ちが伝わってきますが‥‥正直森田紗英さんのほうが思いが強いのは明らかでした。

スポンサーリンク

ローズを渡されたのは蒼川愛さん

最後のローズイベント…久保さんが選んだのは、愛さんでした。紗英さんは選ばれませんでした。

久保さんは愛さんに告白した後、紗英さんを連れて、愛さんから離れたところに徒歩で移動し、別れの会話を始めました。

紗英さんの目には涙があふれていました。その様子を見て、本当に久保さんのことが好きだったのだということが分かりました。

私自身も紗英さんに感情移入してしまい、とてもつらい気持ちになってしまいました。

最後、悲しい気持ちで終わりたくないので、久保さんと愛さんの写真を載せて終わりにしたいと思います。幸せになってほしいですね。

しかし…この1年後、二人は破局しました。こういった特殊な環境では男女はとてもロマンチックな恋愛ができますが、やはり現実はロマンチックな面だけではありません。

お互いをより深く知った結果、別れという結末になったようです。森田紗英さんを選んでいれば、こんな残念な結末にはならなかったんじゃないかなとは思います。こればかりは神様しかわかりませんけど、私はそう思っています。

バチェラー感動の最終回の告白シーンは、シーズン1の「24. バチェラー・ジャパン エピソード12」の41分0秒あたりからです。

バチェラーシーズン1感動の最終回を見る

スポンサーリンク
関連記事と広告