Windows10でリモートデスクトップ接続ができない原因はファイアーウォール設定

アリスです。

Windows10でリモートデスクトップが接続失敗する場合、ファイアウォールの設定が原因であることがほとんどです。通信がファイアーウォールでブロックされてしまい、リモートデスクトップ接続ができないのです。

特に設定ミスが起きやすい部分について説明しますので、本記事を参考に見直してみてください。

ファイアーウォール設定

コントロールパネル ⇒ システムとセキュリティ ⇒ Windows ファイアウォールで設定画面を開きます。

左の赤枠で囲った「Windows ファイアーウォールを介したアプリまたは機能を許可」を選択します。

すると下記の画面が開きますので、「リモートデスクトップ」の項目のドメインにチェックを付けます。

スポンサーリンク

Microsoft リモートデスクトップの項目ではない

同じ画面内に「Microsoft リモートデスクトップ」という項目がありますが(下図)、これは違うものなので間違えてチェックしないようにしましょう。ここにチェックを付けてもリモートデスクトップ接続できませんので、ご注意ください。

ファイアーウォール設定が問題ない場合

ファイアーウォール設定が正しく設定されているにもかかわらず繋がらない場合は、リモートデスクトップ接続の設定を見直しましょう。

リモートデスクトップ接続の設定はコントロールパネル ⇒ システム ⇒ リモートアクセスの許可で開く画面からできます。

「このコンピュータへのリモート接続を許可する」にチェックが入っていればOKです。入っていなければチェックを入れましょう。

グレーアウトされている場合もありますが、チェックが「このコンピュータへのリモート接続を許可する」に入っていれば問題ありません。

それでも接続できない場合は、上記画面の「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピュータからもに接続を許可するのチェックを外して、試してみてください。

スポンサーリンク
関連記事と広告