TOEICでよく出る縁石の『curb』と野球のカーブ『curve』の発音と意味の違い

アリスです。

TOEICでよく出る『縁石』の意味のcurbと、野球のカーブは違います。

発音が似ていますが、違います。

縁石の『curb』

curbは縁石です。

We sat on the curb.(縁石に座った)

そこから、食い止める、抑制するという意味が生まれました。縁石は自動車が歩道に入るのを食い止めるためのものだからです。下の写真が縁石です。

それに対して野球のカーブはご存知の通り、「曲がる」という意味です。

The road curves along the mountain.(道が山にそって曲がっている)

スポンサーリンク

縁石の『curb』と野球の『curve』の発音

縁石も野球のカーブも、発音はカーブではなく、クァーブです。

途中までの発音は両社とも全く同じで、最後だけ違います。

縁石は最後が b で終わるので、破裂音です。唇から息を吐きだします。ブッって息を吐きだして発音します。

野球のカーブは最後が v で終わるので、下唇を軽く噛んで発音します。

はっきり言いますが、普通の日本人が聞き分けするのは、無理です。文脈から、どちらの意味なのか推測するしかありません。

carve(彫刻する)

他にも彫刻を彫るという意味の carveがあります。日本人が言うカーブの発音に最も近いです。このカーブがTOEICで出てくる可能性は低いですが、知識として覚えたら良いと思います。

ということで、三つのカーブを紹介しました。TOEICでは縁石のカーブがよく出ます。

スタディサプリで、丸暗記の英語から脱却しましょう。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

スポンサーリンク
関連記事と広告