松阪市の牛銀本店のすき焼きは感動の美味しさ。食べログ2位のすき焼き2.5人前を完食

アリスです。

松阪牛(まつさかうし)といえば、日本で最も有名なブランド牛でしょう。

その松阪牛のすき焼きを食べるために、三重県松阪市の牛銀本店に行ってきました。

スポンサーリンク

牛銀本店は松阪牛で食べログ2位

上等な肉はすき焼きにして食べるのが一番おいしく食べられます。松阪市には、松阪牛のすき焼きを食べられるお店がいくつもありますが、牛銀本店は食べログ2位のお店です。

ちなみに食べログ1位は『和田金』というお店です。和田金の2018年1月現在の点数は4.21点、レビュー数は322件あります。

一方の牛銀本店は3.65点で、レビュー数は76件です。

同じようなところから仕入れている肉なのに、なんでこんなに点数が変わるのか疑問に思った人もいるでしょう。食べログはレビュー数が多いほうが点数が高くなりやすい傾向があるからです。

食べログの点数の評価分布もチェックしましたが、和田金も牛銀も同じような分布で、どちらも4.0~4.4点が最も多かったです。

和田金の食べログ点数の評価分布は下記のとおりです。

一方の牛銀の食べログ点数の評価分布は下記のとおりです。

スポンサーリンク

松阪牛のすき焼きのコース

牛銀のすき焼きのコースには寿、楽、橘、松、梅の5種類があります。値段は下記のとおりです。

寿になると、1人前19364円もします。私たち家族が予約して食べたのは橘のコースです。

さて、これらコースの違いとは何か?

寿、楽のコースは特選と記載されています。特選は、松阪牛の中でも、兵庫県産の子牛を導入し、松阪牛生産区域で900日以上肥育した雌牛のことを指します。

素牛とは、食肉用として肥育する前、もしくは繁殖牛として育成する前の子牛のことです。

しかし、寿、楽のコースはいつでも食べられるわけではありません。希少で数が少ないからです。私が予約した際も、寿、楽のコースは予約できず、橘のコースとなりました。

橘のコース以下は、宮崎県の素牛や月齢が900日に満たない牛を使っていると思われます。宮崎牛も丹波牛に劣りません。宮崎牛の何度も日本全国1位になっていますから。

900日育てるというのは相当大変なことです。育てる期間が長いほど、病気のリスクが高まるからです。

スポンサーリンク

一人前の松阪牛は150グラム

一人前の松阪牛はわずか150グラムです。霜降りの肉はすぐにお腹がいっぱいになるのですが、さすがに150グラムでは少ないです。

女性の方であれば150グラムでもお腹いっぱいになるかもしれませんが、男性であればまず足りません。大人男3名、大人女1人、中学生2人の6人でいきましたが、3人前を追加で注文しました。私は2.5人前ぐらい食べました。

スポンサーリンク

極厚の松阪牛を食べる

仲居さんが1人付き添い、焼いて、取り分けてくれます。鍋に松阪牛をいれ、砂糖、だしをいれます。

お肉が焼けるまでの間に、溶いた卵を器に入れてくれます。そして、肉ができあがると、その中に松阪牛をいれてくれます。

一口食べると、極厚の肉の甘みが口の中に広がります。とろけました。これまで食べた肉の中で一番美味しかったです。

最初に肉を食べたあとは野菜です。

お肉のだしに浸かった野菜を卵と合わせて食べると、とてもおいしいです。

野菜を食べた後は、2回目の肉です。

そして、最後は豆腐です。

仲居さんが食べた後の卵とだしをご飯にかけて、卵かけごはんにして食べると美味しいですよ。とアドバイスをくれたので、卵かけごはんで食べましたが、肉と野菜のだしが効いた卵かけごはんは、最高にうまかったです。

肉を追加注文

さきほども書きましたが150グラムでは足りなかったので3人前を追加注文しました。

おかわりの場合は、2回に分けずに、3人前450グラムを一気に鍋に入れて、作ってくれます。

肉をてんこ盛りに盛り付けてくれました。かぶりと食べます。さすがにしたも慣れてしまったのか、最初ほどのうまいという感動はないですが、それでもうまいです。

しかし、2人前を食べたくらいから、急激にお腹が膨れてきました。

お腹が膨れてきたというよりも、気持ち悪くなってきました。肉を口に入れる前に、一瞬ためらうような感覚です。

結局2.5人前ほどを食べましたが、最後の0.5人前は、お腹が膨れた状態で、無理やり食べました。肉は本当にうまいのですが、胃が受け付けてくれず、気持ち悪い思いをしながら食べきりました。

一人前の150gしか食べなかった場合は、物足りないですが、2.5人前を食べると気持ち悪くなるということがわかりました。

気持ち悪くなるくらい食べたため、もう当分は松阪牛は食べなくていいと思いました。そのくらい満足しました。

多分、一人前しか食べてない人は、また食べたくなって、再訪したくなるでしょう。少し足りないくらいを一人前として出すのは、お店側の作戦でしょう。商売がうまいです。笑

スポンサーリンク

仲居さんから聞いた面白い話

仲居さんの話によると、これまで最高で4人前の肉を食べた男性がいたそうです。体格は決して大きいわけではなく、普通の男性とのことでした。4人前も食べるなんてすごいです。私だったら、たぶん吐くと思います。

他にもカップルで来た人で、男性は一人前でもう食べられないといったが、女性のほうは二人前食べたという話も聞きました。小柄な女性だったそうです。

仲居さんは訳が分からないといっていましたが、理由は簡単なことだと思います。男性は支払うほうなので、食べたくても食べられなかったというわけです。笑

そりゃそうです。一人前150グラムのお肉の追加は1万円なのですから。

家族6人で訪れた私は、3人前の肉の追加注文をして、総額12万円かかりました。

いや~めちゃくちゃ高い!しかし、最高にうまかったです。一生に一度と思えば高額な料金もそんなものでしょう。

そういった意味では、追加注文して、満腹になるまで食べたほうがよいです。物足りない状態だと、たぶんまた食べたくなりますよ。

スポンサーリンク
関連記事と広告