音楽のプロが選ぶ歌がうまい日本人歌手トップ10

アリスです。

本日は音楽のプロ200人が選んだ!本当に歌がうまい日本人歌手トップ10です。

音楽のプロとは、ミキサーやボイトレの先生、音響の仕事に携わっている人たちです。

第1位 玉置浩二

CDと生の歌声が全く同じで、修正が全く必要ない。

並外れた歌唱力、世界観が素晴らしい。

<ボイストレーナ談>

感動させる力がある。ロングトーンがすごく安定していて、伸びがよい。

味がある。

本人は、歌のワールドカップがあれば、日本代表は俺だ!

と言っているみたいです。

ビッグマウスですが、実力を伴っているので

誰も文句はいわないでしょう。名実ともに日本一の歌手といえます。

第2位 久保田利伸

リズム感が並外れている。声質もすばらしい。

R&Bの先駆者として本場黒人並みのグルーブ感をもっている。

<ボイストレーナー談>

声の当ててくるスピードがすごく早い。

上手な人ほどリズムに対してカチンと当ててくる。

息使いいもきれいに使えており、とてもセクシー。

第3位 SuperFly

音域の広さ、声量、バランスが良い。

圧倒的な歌唱力。芯のあるハイトーンボイスは群を抜いている。

<ボイストレーナー談>

高い声でも、しっかり太い声が出ている。

小さいからだから、あれだけの声量がでるのはすごい。

第4位 夏川りみ

声の透明感が素晴らしい。マイクを選ばない声質である。

透き通ったキレイな声に聞き入ってしまう。

<音響エンジニア>

きれいなハイトーンの声をしているんですけど、そこに芯があって、すごく聞き取りやすい。

第5位 吉田美和

CDと変わらないパワフルボイス。

バラードもノリの良い曲も何でも歌える。

高音のハリがすごいです。

<ボイストレーナ談>

何の無理もなく、どの音も出しているし、表現力もすばらしい。

第6位 宇多田ヒカル

独特のハスキーボイスが曲の切なさを演出。

マイクを使わず、どこまでも通る声も評判。

<ボイストレーナー談>

歌でリズム感を演出するグルーブがうますぎる。

アップテンポの曲とかを聞いていると、勝手に乗せられてくる。

<音響エンジニア>

彼女にしか出せない声。声質自体が魅力です。

第7位 福原美穂

全米デビューも果たしているシンガーソングライター。正確な音程、リズム、そして抜群の声量は、海外でも通用する実力派。

<ボイストレーナー談>

喉の使い方がうまい。生歌のクオリティはピカイチです。

第8位 EXILE ATSUSHI

ステージを動き回ってもぶれない歌唱力。

アップテンポもバラードもこなせる安定感。人気実力ともに兼ね備えている。

<ボイストレーナー談>

中音域から高音域にかけて、非常に優しい声を上手く使っている。

口腔内、口の中の響かせ方が上手い。年々、表現力やパフォーマンスがあがっている。

第9位 井上陽水

デビューから40年、歌唱力はもちろん、誰にもまねできない圧倒的な表現力の持ち主。

その独特な世界観に、音楽のプロたちも心を奪われた。

<音響エンジニア談>

アカペラが圧巻だった。

第10位 布施明

エンジニアがやることなし。音域が広く、高音域のビブラートが心を揺らします。

<サウンドエンジニア談>

自分が現場に行った中では、日本人にないタイプでナンバー1だと思う。

声の強弱を機械的な技術に頼らなくても、自分の発生で調整して、不快感を与えずに届けられる人です。

スポンサーリンク
関連記事と広告