漫画ワンナウツは異次元の面白さ!普通の野球マンガとは一線を画す駆け引きのドラマ

アリスです。

マンガのワンナウツをご存知でしょうか?

あのライアーゲームの作者である甲斐谷忍のマンガです。

スポンサーリンク

甲斐谷忍は天才

久しぶりに、こんなにわくわくするマンガを見ました。

マンガのテーマは野球です。しかし、単なる野球マンガではありません。

私は過去に、ドカベンやH2などの野球マンガを読んできましたが、それらの作品とは別次元の作品です。

野球の駆け引きをここまで見事に描いた作品はないです。

甲斐谷忍のライアーゲームにはまった方であれば、まちがいなくハマるでしょう。

スポンサーリンク

ワンナウツのストーリー序章

主人公は、沖縄で米兵相手に賭博野球をやっていた渡久地(とくち)という男です。

沖縄では、プロ野球の球団リカオンズの4番バッター児嶋が自主トレに励んでいました。

43歳の児嶋は数々の記録とタイトルを取りながらも、過去一度も優勝経験がないという不運の天才打者でした。

優勝するために必要な何かを探すためにシーズンオフにもかかわらず自主トレにはげんでいたのです。

その児嶋が、渡久地に完膚なきまでに叩きのめされますが、2度目の勝負で無理やりデッドボールにするという捨て身の戦いでなんとか勝ちます。

そして、児嶋は渡久地をリカオンズに入団させたのです。

リカオンズ入団時の契約

しかし、リカオンズの経営者は不満たらたらです。渡久地に出す金はないと言い張ります。

そこで渡久地は提案します。

ワンナウトをとるたびに500万円。1点とられるたびに逆に5000万円を支払うという契約でどうかと。

1試合でとることのできるアウト数の最大値は27個です。(延長がなければ)

つまり、27×500=1億3500万円

次に、一般的な投手の防御率はよくても2点前後です。つまり1試合に2点はとられるわけです。仮に2点とられれれば、1試合するごとに2億を支払わなくてはいけません。

そうなるとー2億+1億3500万円で、6500万円のマイナスとなるわけです。

点を取られなければいいですが、そんなことはありえないので、経営者は承諾します。

スポンサーリンク

毎回無失点の渡久地

しかし、ふたを開けてみれば毎回渡久地の無失点が続きます。

それに腹を立てた経営者は、渡久地を3連投させるという無茶をさせます。

さすがに3日目は疲れ切った表情の渡久地。大量の失点をくらいます。

しかし、それは渡久地の計算通りでした。

実は、途中から土砂降りになるという天気予報だったのです。土砂降りになればコールドゲームとなり試合は中止となります。

最初からそれを渡久地は狙っていたのです。

ストーリーが奇想天外で面白すぎる

毎回ゼロ点に抑える渡久地ですが、ストーリーがワンパターンではありません。

やはり甲斐谷忍は天才です。

ライアーゲームも面白かったですが、このワンナウツも同様に面白いです。

ぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク
関連記事と広告