稼げるブログ記事の文字数は何文字必要か?文字数を増やすコツや裏技を紹介

アリスです。

ブログの記事を書き始めた人に1記事1000文字は書かなければならないというと、まず途中で挫折するでしょう。

ブログを始めた人にとっては500文字でも多いと感じるのが普通の感覚だと思います。

一体何文字であれば稼げるブログとなるのか?について、文字数の面から考察していきます。

スポンサーリンク

1記事500文字でもしんどい

何を隠そう、私がそう思っていた本人です。

ブログを始めた当初、500文字でもひいひい言いながら書いていました。

だいたい300~500の間の文字数でした。それでも書くのがめちゃくちゃしんどかったです。

結局、継続できず一度挫折した経験があります。その後1年半、ブログは書きませんでした。

スポンサーリンク

最低でも500文字、中には1500文字必要という記事も

稼げるブログには何文字必要なのか?

よくあるのは、最低でも500文字という話です。

しかし中には1500文字必要という記事もありました。

1500文字ぐらいないと、ちゃんとした説明はできないからという理由のようでした。

正直ふざけたこと言うのはやめてくれと思いました・・。

内容を絞れば1000文字でも詳しく説明できるはずです。

スポンサーリンク

何文字以上書けばよいかの結論

私の結論は、「文字数は関係ない」です。

ただし、困ったことにGoogleの検索アルゴリズムが、ある程度文字数のある記事を好むということです。

そういった意味で、東大の入試と同じなのでしょう。

①答えだけが書かれた答案、

②計算過程がちゃんと書かれていて答えが間違っている答案

東大の入試は、②の過程がちゃんとわかる答案のほうが点数が高いのです。

そこで私がブログの記事を書く上で決めているのは、最低500文字以上。

可能であれば700文字以上です。

どうしても足りない場合もあると思います。

その場合の裏技ですが、自分の意見、感想をいれることでつじつまを合わせています。

とにかく自分が思ったことを何でもいいから書くのです。

自分の意見や感想を入れるだけで、文章の量が一気に増やせます。

スポンサーリンク

文章の文字数を増やすコツ

最近の私の1記事の平均文字数は1000文字を超えています。

二つ理由があります。

一つ目は、とにかくひたすら書くことで文章を書くことに慣れました。

二つ目は、見出しをちゃんと設定することです。

それぞれ説明しますね。

とにかくひたすら書くこと(150記事以上)

とにかく毎日毎日、ブログを書くことだけを考え、ひたすら書き続けました。

150記事書くのに、3カ月はかかりました。

これだけの数を書いてきたことで、書くことに慣れてきました。

以前は、500文字を書くことすらしんどくて書けなかった自分が、今や1000文字を楽々かいているのですから、本当に不思議なものです。

この記事を読んでくださっているあなたには本当に諦めてほしくないです。

私もずっと本当かよ?と疑っていた人間なので、気持ちはめちゃくちゃわかります。

とにかく、騙されたと思ってかいてみてください。

ネタがないという気持ちもわかります。私も同じでした。

その場合は、見たテレビの内容を書いてください。あるいは、自分が普段使っているものや、食べたものについて書いてみてください。

小さなことでいいんです。そうすればネタがなくて困るなんてことはないです。

スポンサーリンク

見出しを設定すること

文章をただただ書くことほど難しいことはないです。

ちゃんと見出しを設定して、その章で何を書くかを決めます。書くことを決めたら、あとは思いつくままに文章を入力します。

見出しの設定ですが、事前に設定しなさいという人が多いです。

しかし、私の結論から言うと、それは全くの見当違いもいいところです。

見出しは書きながら考えてください。書いているうちに、今書いていることは見出しとして分けたほうがいいなというのが分かってきます。

ほかにも、書いているうちに見出しが思いつく場合もあります。

手を動かしながら考える

言いたいのは、手を動かしながら考えるということ。

手を動かさずに、机上でどんな見出しがいいかなーと考えても、なかなかまとまらないです。

手を動かすことで、脳が活性化します。

手は第二の脳という言葉があります。そのことを忘れないで下さい。

事前に書くことを決めるのは文章のプロであれば正しいです。

しかし、それが本業でない人は、そんなことをしていると時間がかかりすぎてしまいます。

1記事を書くのに時間がかってしまうと、文章を書くのが億劫になり、挫折に繋がります。

スポンサーリンク

この記事の文字数は?

何も考えずに文字数の記事を書くことに着手し、45分が経過しました。

書いていくうちに、でてきたアイディアは、見出しを設定しました。この記事は2000文字を少し超えました。

当初こんなに書くつもりはなかったのですが、途中からどんどん集中力が増してきて、気づいたら、こんなに書いてしまいました。

ただ、慣れるとわかりますが、そんなものです。

とにかく150記事ひたすら書いてみてください。そして、なるべく毎日書く習慣をつけてください。

あなたの成功を祈っています。

スポンサーリンク
関連記事と広告