パン工場の流れ作業の仕事内容を紹介『ベルトコンベアー』で必ず酔うので注意

アリスです。

以前、スーパーのレジはどんな仕事なんだろう‥と、疑問に思っている方への仕事内容を書きました。

アリスです。 色んな仕事がある世の中で、自分がどんな職業が向いてるかなど、すぐにはわかりません。 だからと言って、転々と...

今回はパン工場の仕事内容についてお教えします。

スポンサーリンク

流れ作業

パンを作ると言っても、色々種類があります。

サンドイッチやロールパンを作るにしても、メーカーごとにパンの種類も違えば中身も違います。

基本ベルトコンベアーでの流れ作業になります。

ベルトコンベアーは慣れるまで必ず酔います!!

下をずって見ていて、手作業も早いので余計にだと思います。

合間に少し遠くを見るとリフレッシュされます。

スポンサーリンク

サンドイッチ

まず、サンドイッチに使うパンの耳を機械で切ります。

切られたパンは2000枚以上を1つとして箱に納めていきます。

レタス、トマト、ハムなどの具材は専用の工程で切っていきまとめます。

サンドイッチ用のパンをひたすらベルトコンベアーに並べる人がいて、そのパンにマヨネーズとからしをハケで塗っていく人がいます。

つぎに、レタスとハムを乗せていく人がいます。

ハムサンドやたまごサンドやMixサンドがあり、後半は少し工程が変わってきます。

スポンサーリンク

ロールパン

ロールパンはまず、真ん中に具材を入れるために切り込みを入れます。

機械にロールパンを縦に入れるとまっすぐ切れ目が入ります。

ベルトコンベアーと直結しているのでそのまま流れていきます。

次にマヨネーズやからしなど必要ならここで注入します。

ホットドッグならソーセージ、たまごなら絞り袋にいれ、絞って入れていきます。グラムもきまっていますが、熟年の技があるひとは感覚です。

焼きそばもグラムが決まっていますが中々難しいです。

焼きそばは紅しょうがと青のりも必要なので入れていきます。

コロッケは出荷元により、入れる向きが違ったり、たまごもプラスするどこもあれば色々です。

あまり力を入れすぎるとつぶれてしまうので、扱いが難しいです。

スポンサーリンク

スピード

しかし、驚く事に人の手の速さにはビックリします!!

熟年の技です。

漫画でよく、走ってる足が見えないのを見ますが、まさにあんな感じです!

手が早い早い!!

だいたい中高年のオバサンが多いんですが、スピードがすごい!!

オバサンパワーは恐るべし(笑)

どのような人に向いているか?

細かい事をするのが好きな人は向いていると思います。

だんだん、速さを求めて自分との戦いになってきますよ。

負けず嫌いな人も向いていると思います。

日中の勤務だと、アルバイトやパートは時給が安いですが、こういった工場は24時間フル稼働しているので、夜〜朝方勤務が1番時給が良いです。

普通に1000円は超えますよ。

ただし、流れ作業なので、1人が遅かったり雑な仕事をしていると成り立ってきません。

黙々と仕事に打ち込める人には良いでしょう。

興味のある人は、一度働いてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
関連記事と広告