与沢翼とジモン氏のZスクールに1000人以上が参加した理由。順張りでは本当に勝てないのか?

アリスです。

与沢翼とジモン氏のZスクールが2017年8月のお盆明けから開催されています。

なんとスクールに入った生徒数は1000名を超えました。

なぜ、これほどの生徒が集まったのか、そして気になるスクールの中身はどうなのか?

考察したいと思います。

スポンサーリンク

1000名以上の生徒がスクールに入塾した理由

1000名以上というのはすごい数です。

1000名の多くが、以前の与沢翼のスクールにも入っていた人のように思えます。

もちろん、与沢翼のファンだから入っているという人もいるでしょう。

また、ジモン氏が本物のトレーダーということなので、ジモン氏の手法を詳しく知りたいという人もいるでしょう。

しかし、全員がそうではないはずです。

もし、以前の与沢翼のスクールで勝てるようになっていれば、また新たなスクールに入る必要などないと思うのです。

実態として、勝てるようになっていないからこそ、スクールに入った人もいると思います。

現に私も与沢翼のスクールに入っていましたが、スクールで勝てるようになりませんでした。

結局勝てるようになるまでには、かなりの試行錯誤が必要でした。

スポンサーリンク

ジモン氏のスクールの評価

スクールでは、ジモン氏が毎週シナリオをスクール生徒に伝えます。

シナリオの詳細は話すことはできませんが、やはりプロトレーダーです。

とても的確で、理が通っています。

手法自体はフラッシュゾーンの教材に書かれている手法と同じようですが、進化しているかもしれません。

フラッシュゾーンの教材の中身は知らないので、判断できませんでした。

ジモン氏に対して、私は一目おいていましたが、やはり間違いありませんでした。

スクール募集前の無料動画では、惜しみなく有益な情報を提供されていましたし、実際のスクール内容もかなり良いです。

スポンサーリンク

ジモン氏は順張りでは勝てないと発言?

ジモン氏は、FXは順張りで勝てないと言います。

これについては、賛否両論あるかもしれません。

私はジモン氏が逆張りについて、どのように考えているのか次第で、賛成するかどうかが決まります。

逆張りも実際は順張りであると考えているからです。

逆張りという言葉を誤解している方が多いと思いますので説明します。

「逆張りというのは、大きなトレンドには逆らわず、その中で逆行しているときに、今後大きなトレンド方向へ動くと期待し、ポジションをもつこと」です。

逆張りといっても、トレンド方向にポジションをもつわけで、トレンドに逆らって売買をすることではないです。

これは、すなわち押し目ともとれませんか? 言いたいことは、押し目は順張りのことを指す言葉ですが、実は逆張りともとれるということです。

例えば、上昇トレンドが発生している途中に、「下がりすぎたから、上昇するだろう」と買うのが押し目買いです。逆に張っていますよね。

では、トレンドを無視して全く逆方向に張る『逆張り』のことは何といえばよいでしょうか?

ここでは「完全な逆張り」と定義したいと思います。

スポンサーリンク

完全な逆張り

トレードではいきなり、トレンドがかわることはしょっちゅうあります。

だからといって、根拠がないのに逆張りすれば、それは愚か者です。

もし完全な逆張りをするのであれば、なんらかの根拠は絶対に必要です。

水平線や抵抗線を使ったトレードは、根拠のある完全な逆張りと言えそうです。

また、ジモン氏の使っているフィボナッチも根拠のある完全な逆張りといえるでしょう。

ジモン氏のほうが与沢翼よりトレードがうまい

ジモン氏は、与沢翼のトレードについてどのように思っているのでしょうか?

実は腹の中では「適当なこと言いやがってこいつ!」みたいなことを思っていたりしないでしょうか?笑

やはり、トレードの技術では、ジモン氏のほうが圧倒的にうまいです。

スポンサーリンク

与沢翼も下手ではないが・・

与沢翼も決して下手ではないのですが、ジモン氏と比べると劣ると思います。

与沢翼のスクール内容を振り返ると、FXの教本、ネット情報をひたすらインプットして、それらをまとめてオリジナルのように見せていただけのように感じるのです。

その時点では私も知識がなかったので、素直に与沢翼はすごいと思っていました。しかし、知識がついた今振り返ると、そのように感じるのです。

そのように感じているのは私だけではないと思います。ひたすらトレードのことを勉強し、情報収集し、実践した方はおそらく共感してくれるのではないでしょうか。

今後もジモン氏と与沢翼のスクールに注目

ところで、与沢翼が過去にスクールで話していた内容と、まったく逆のことをジモン氏が言う場面もあります。

もちろん、全部が同じということはありえないので、それぞれの考え方の違いとして、問題ないと思います。

ただ、与沢翼が過去自分が話したことを、ひっくり返すような発言をするのは、かっこよくないです。そういったシーンもあったので・・笑

引き続き、ジモン氏のスクールに注目していきたいと思います。

もちろん、与沢翼にも注目です。

トレードはジモン氏がうまいというだけで、総合力では与沢翼のほうが格上です。

二人がうまくお互いの弱点を補完しあう形になると最強のコンビになると思われます・・。

スポンサーリンク
関連記事と広告