スマホのアイフォンでブルーライトを防ぎ子供の視力を守る方法

アリスです。

スマホのブルーライトは目にとても悪いです。

子供がブルーライトの画面をみすぎると、視力が悪くなります。

ブルーライトは波長が短く、目の奥にまで入り込むからです。

またブルーライトは睡眠障害の原因にもなります。

そんなブルーライトですがスマホの設定で、簡単に防ぐことができます。

今回は、スマホのアイフォンでブルーライトを防ぐ設定方法について紹介します。

スポンサーリンク

アイフォンでブルーライトを防ぐ設定方法

設定画面から、画面表示と明るさを選択します。

夜の場合は、明るさを最も低く設定してください。(目の負担を抑えられるため)

上記の画面表示と明るさの設定画面に、Night Shiftという項目がありますので選択します。

すると下記画面が開きます。

一時的にブルーライトを防ぐには、手動で明日まで有効にするをONにします。

色温度を、暖かくの最大値にします。

画面が赤っぽくなりますが、これでブルーライトを大幅カットできます。

昼間はブルーライト対策は不要です。

周囲が明るいため、ブルーライト対策をすると画面が見にくくなります。

大事なのは夜です。

ブルーライトは、睡眠を妨げる原因になりますので必ず設定しましょう。

ブルーライト対策をする時間帯を時間指定もできます。

私の場合、夜の7時頃から子供がスマホを触ることがあるので、7時から朝方にかけて設定しています。

Night Shiftの設定をしたら、明るさも一番暗くして下さい。

ブルーライトも重要ですが、明るさも暗くすることで、目の負担を最大限に抑えることができます。

明るさを最も低くしても、問題なく見えますので試してみてください。

スポンサーリンク

アンドロイドでブルーライトを防ぐ設定方法

Twilightという無料アプリを使ってください。

アイフォンのNight Shiftと同じように、時間帯設定でブルーライトを防ぐことができます。

Twilightですが、徐々にブルーライトのフィルターをかけることも、できるそうです。

ブルーライト対策すると、画面が赤っぽく、暗くなり、画面が見にくくなるからです。

スポンサーリンク
関連記事と広告