仕事では常にアウトプット(成果)が必要!インプットは1円にもならない

こんばんは。アリスです。

仕事では常に成果が求められますよね。

成果とは、すなわちアウトプットです。

いくらインプットしても、それがアウトプットできなければ1円にもなりません。

だから大事なのはアウトプットなのです。

スポンサーリンク

ブログでアウトプットの練習をする

ブログでアウトプットを行うことは、

ほかの誰でもない自分のためだ。

自分の知識をアウトプットすることで、

初めて自分が理解したつもりになっていることに気づく。

そのことに気づくことが大切だ。

多くの人はわかったつもりになっていることが

いかに多いかということに気づいていない。

なぜなら、アウトプットしていないからだ。

スポンサーリンク

インプットは重要ではない

ブログの記事として書く以上、

でたらめなことは書けない。

だから、普通は調べてから書く。

この調べるという過程で、初めてインプットが行われる。

そしてインプットした情報は

すぐにブログの記事としてアウトプットしたほうがよい。

忘れるから。

実は、インプットはさして重要ではない。

インプットしても、

それをアウトプットしなければ、

脳は必要でない情報と判断し忘れるためだ。

これはもう何年も前から言われていることである。

今更同じようなことを書かなくてもいいかもしれない。

しかし、この説明は私にしかできない。

スポンサーリンク

文章技術を向上させるには書きまくる

文章技術を向上させるためには、

ひたすら書くしかない。

書いて書いて書きまくるしかない。

ブログを利用して、自身の文章技術を鍛える。

私は、ブログを始めた当初大きな勘違いをしていた。

インプットが大切だと思っていた。

最初から、完璧な記事を書くことをを目指していた。

その結果、手が止まった。

完璧なものを求めるあまり、

事前の調査に時間をかけすぎて、

その調査だけに体力のすべてを使い切ってしまっていた。

完璧なものを目指さないと考えてから、

肩の荷が一気に軽くなった。

そもそも自分には文章能力はない。

過去には、会社の上司に報告書の作成でダメ出しを何度もされた。

だからこそ、ひたすら書いて

練習しなければならない。

スポンサーリンク

最初からいいものは作れない

数年後、今の自分の文章を見たら、

あまりの滑稽さに笑うだろう。

それでいい。

むしろそれでなければいけない。

そう感じることができれば、

それは自分が成長した証となる。

仕事では常にアウトプットしなければならない。

私の仕事はソフトウェア開発である。

要求が顧客から提示され、プログラムを作る。

これまでの仕事でも、

プログラムを書けば書くほど、

自分が成長できた。

最初からいいものは作れない。

しかし、何度も実践をすることで、

技術が洗練されていく。

子供の成長スピードが速いのは失敗しても諦めないから

数回失敗したからといって諦めたらだめだ。

自分には向いていないと諦めたらだめだ。

子供がすさまじいスピードで言葉を覚えたり、

様々なことができるようになるのは、

何度失敗しても諦めずに

ひたすら繰り返しているからだ。

もちろん、繰り返す過程で、

前回の失敗を生かさなければならない。

しかし生かせない場合もある。

何度も失敗しないとわからないこともあるからだ。

大切なのは、足を止めないこと。

行動し続けることだ。

絶対に結果がついてくる。

そう信じて、自身も頑張りたいと思う。

数年後にここで書いていたことは

間違っていなかったと、

胸を張って言ってやりたい。

スポンサーリンク
関連記事と広告