一般人がお金持ちになる唯一無二の方法はFX等のレバレッジの利く投資だけ

アリスです。

どうしたらお金持ちになれるか考えた結果、投資しかないという結論にいたりました。

そこで、最初にずっと会社で放置していた確定拠出年金から始めました。

入社以来、放置していた確定拠出年金でたまったお金を、外国株と日本株に振り分けました。

そして1か月後・・・

株価はみるみる下がり5万円の含み損、3か月後には10万の含み損をかかえました。

これ以上おいておくとさらに損が増えると判断し、決済しました。

つまり損失を確定させました。

スポンサーリンク

国がすることは信用できない

NISAや確定拠出年金は株価が下がったときにもうけることができません。

なぜなら、買うことしかできないからです。

そのかわり、得たキャピタルゲイン(売買による収益)やインカムゲイン(配当)は無税となるメリットがあります。

しかし、これは国の国民に対する一種の詐欺のようなものです。

買うことしかできないということは、ずっと値上がりし続けなければなりません。

たしかに超長期的にみれば、値段はあがり続けています。

しかしながら、一本調子で上がり続けることはなく、かならずどこかで暴落がきます。(リーマショックなど)

確定拠出年金やNISAではそのときに損失をかかえる可能性が高いのです。

そもそも、システムだけ作って、国は投資教育を一切しません。

かなりふざけてると思います。

そのせいで投資を始めたはいいが、損をする人が続出しています。

だから、国がすることを信用すべきではないです。

資金がなければ株は儲からない

確定拠出年金や、NISAでは株価が下がったときに、儲けることができない。

そこで、株価が下がったときに儲けられる口座(信用口座)を開設しました。

もちろん得た利益の20%が税金として取られます。

しかし、この株式投資も失敗に終わりました。

大きな損はしませんでしたが、企業の分析に非常に時間がかかりました。

また、株は基本的に手持ちの現金でしか買うことができません。

そのため、元の資金がすくなければ、まったく増えないのです。もし株で資産を増やすためには数百万円の種銭がなければ厳しいです。

1年で数倍になる株もありますが、我々一般人と投資家では、もっている情報が全く異なり、見つけるのは簡単ではありません。

素人が成功するには時間もかかりますし、非常に難しい世界であります。

金持ちになるにはFXしかない?その理由とは

そこで私がはじめたのがFXです。

そしてFXをはじめてから気づいたことがあります。

資金のない一般人が億の資産を作るには、FXなどのレバレッジの利く投資以外にありえないということです。

レバレッジとは、てこのことで、自身が持っている資金の何十倍の資金をかけて取引できる仕組みです。

なぜこのようなことができるかというと、差金決済(利益または損した分のお金だけを計上する)という仕組みのためです。

日本では最大25倍までレバレッジをきかせることができます。

つまり、100万円持っている方であれば、2500万円までの取引ができるということです。

2500万円かけることができれば為替が予測した方向に1円動くことで25万円の利益となります。

海外の業者であれば数百倍のレバレッジも

海外の業者を利用すれば数百倍のレバレッジをきかせることもできます。

レバレッジは稼ぐための強力な武器となりますが、使い方を誤れば資金がなくなる原因にもなります。

海外はいいところばかりではありません。海外の業者は、税制面で不利です。

短期で稼ぎ長期に振り分ける

短期投資のFXはかなりリスクが付きまといます。

なんせ9割以上が負ける世界といわれています。永遠にFXを続けていれば、いずれ0になる可能性のほうが圧倒的に高いです。

そこで、FXで稼いだお金は必ず長期投資に振り分けましょう。

配当のもらえる株でもいいです。不動産を購入し家賃収入を得るのもよいです。

私のFXのトレード分析は、下記のブログでしております。最初は何事も難しく感じますが、勉強あるのみです。

http://fxtrade.link

スポンサーリンク