事故で死ぬのは運命だとしても、心がけ次第で運命は変えられる

こんにちは、アリスです。

交通事故で亡くなる方は年間4000人近くいます。頭上から落ちてきた看板が頭に直撃して亡くなってしまう方や、地面が陥没して落ちてなくなるとか、先進国の日本においても毎日のように事故が発生しています。

こういった事故で死ぬのは運命なのでしょうか?科学的根拠は何もありませんが、運命なのかもしれません。

一方で、事故に遭遇したものの、間一髪で助かる人もいます。そういった奇跡的に助かった人たちの映像を紹介したいと思います。この映像を見ると、なんて運が良い人なのだろうと思うことでしょう。コンマ0.5秒以下のタイミングで死ぬか死なないかが決まったのが分かります。

動画のタイトルは、Luckiest People in The World(世界の最もラッキーな人々)です。

助かったからこそ配信できるものですが、亡くなった瞬間の映像はそれ以上にたくさんあるとはずです。しかし、そのような動画は一般の人の目に触れることはありません。

そもそも、ほとんどの人はそんな映像見たくありませんし、誰かが事故で死んだシーンをYoutubeなどで配信すれば、100%即アカウント停止になるからです。

スポンサーリンク

世界のラッキーな人々の動画

論より証拠ということで、動画を見ていただくのが早いと思いますのでご覧ください。

交差点に信号がなかったり、踏切の安全管理もひどいですね。日本とは大違いです。そう考えると、日本は未然に事故を防止するための安全対策はちゃんとされていると思いました。

一方で日本でも発生しそうな事故もたくさんありましたので、気を付けなければと思われたかもしれません。

動画の事故は全て奇跡で助かったものばかりです。動画をみれば、危険がいつ降り注いでくるかはわかりません。特に日本は災害大国で、地震、土砂災害、津波などいつ起きるかわかりません。

多くの人は自分は大丈夫、私の住んでいるところは大丈夫と、何の根拠もないことを考えますが、そうではなく日ごろから危険に対して意識して、それを避けるようにするだけでも、運命は変えられます。

スポンサーリンク

運命を変えるために心がけること

日常生活が常に危険と隣り合わせということを意識して行動すれば、事故に遭遇する確率はかなり低くすることができます。また事故にあっても死ぬ確率を減らせます。結局は、本人の心がけ次第です。

私が歩行者として、交差点で信号待ちなどをしているときは、よほど急いでいるとき以外は、道路の近くギリギリで待つようなことはしません。後ろの方で待つか、道路と自分の間に電柱などの障害物がある場合は、その障害物を挟んだ反対側で待っています。

よく、いきなり車が突っ込んできて、歩行者を巻き込んだ死亡事故が発生していますが、事故はいつ起きるかわかりません。

また、歩行者専用道路がない道を歩く場合は、常に後ろを気にしながら歩いています。車が通るたびに、後ろを確認し突っ込んでくる気配がないか見て、もし突っ込んでくるようなことがあれば、すぐにでも避けられる準備や、障害物の裏に回れるように態勢を整えています。

「注意しながら歩いても突っ込んできたら防ぎようがない!」という人もいるでしょうが、私はそうは思いません。完全によけることはできなくても、脳や心臓などの急所をやられるのを防ぐことはできると思っています。

私自身、毎日運転をしていて思いますが、99.99%の人は自分が事故にあうなんて考えすらしていません。みんな信号待ちの際は、道路際で待っていますし、歩行者道のない道を歩いている人も後ろをまったく気にしていません。そんな状態で、もし車が突っ込んでくれば、まず命は助かりません。

確かに車が突っ込んでくる可能性はとても低いですが、想定しておけば、いざ突っ込んできた時でも素早く逃げたり、判断することができ、命は助かる可能性があります。

車以外にも何があるかわかりません。いきなり刃物を持った人間がおそってくることだって十分ありえます。ありえないことですが、想定しておけば、判断がすぐにできます。

危機意識のない人が、そういった事故や事件が起きた場所で真っ先に死んでしまいます。

結局は、自分の命を守れるのは自分だけです。運命に身を任せるという言葉がありますが、それはやることをやったうえでの言葉です。

対策をせずに、運命に身を任せても死ぬだけです。

今回の動画でも、車が来ているのに道路を無理やり横断しようとして、間一髪助かっていた人もいましたが、馬鹿だと思いました。

会社が遅刻しそうだからといって、車をとばしたり、電車を降りて全力ダッシュで信号無視したりして事故にあう人も多いです。

電話して半日有給をとればすむだけのはずが・・そんなくだらないことで命を落としてしまうのです。そうなれば、死ぬ瞬間に恐ろしいほどの後悔をして死ぬのが嫌なら、気を付けないといけないですね。

スポンサーリンク
関連記事と広告