Looopでんきと東京電力の電気料金比較!ループ電気は基本料金不要の格安会社

アリスです。

Looopでんきをご存知でしょうか?

2016年4月に電力の小売りが自由化されたことにより、従来の電力会社だけでなく、いろんな会社が電力を販売できるようになりました。

簡単に言ってしまえば、これまで既得権益の塊ともいえた電力会社に国が直接メスを入れたわけです。

これを機に、様々な企業が入ってきたのですが、その一つがLooopでんきです。

良く間違われますが「Loop電気」ではなく、「Looopでんき」です。oが3つで、でんきはひらがなです。

Looopでんきのメリット

基本料金が不要

ずばり、基本料金が不要なところです。従来の電力会社では、電気を使っても使わなくても、基本料金をとられるのが当たり前でした。

この基本料金ですが、意外と馬鹿にできないです。結構とられていますので、一度明細を確認してみてください。

私の例ですと、Looopでんきに変える前は基本料金が1900円もとられていました。

料金体系がシンプル

従来の電気会社では3段階料金という設定になっています。簡単に説明すると、一定の使用料を超えると、どんどん値段があがっていく仕組みです。使えば使うほど、損をします。

つまり、電気をよく使う家ですと、高額な料金を払うことになります。

一方、Looop電気の料金体系はシンプルそのものです。1kwhあたりの単価が設定され、いくら使おうと料金が変わることはありません。

スポンサーリンク

Looop電気と東京電力の料金比較

東京電力を例に比較してみましょう。東京電力ですと、下表の料金体系になります。

従量電灯Cというタイプが一番契約数が多いです。一方のLooop電気は1kwhあたり常に27円です。

電気の契約容量が6kVAとします。6kVAとは、6000VA/100V=60Aの容量のことです。

東京電力の料金(第1段階)とLooop電気の料金

ひと月の電気使用量が、第1段階料金の120kWhであったと仮定します。

東京電力は基本料金が280.80円×6=1684.8円、電気料金が19.52円×120=2342.4円で、合計すると4027円です。

一方のLooop電気は120×27円=3240円です。

毎月800円Loop電気が安いということになりました。1kwhあたりの電気料金はLooop電気が高くても基本料金が不要なので安くなるのです。

東京電力の料金(第2段階)とLooop電気の料金

ひと月の電気使用量が、第2段階料金の300kWhであったと仮定します。

東京電力は基本料金が280.80円×6=1684.8円、電気料金が19.52円×120=2342.4円、26円×180=4680円で、合計すると8707円です。

一方のLooop電気は300×27円=8100です。

毎月600円Loop電気が安いという結果になりました。

あれ?第1段階より差が少なくなった?と思いませんでしたか?

この理由はLooop電気の料金が27円、東京電力の第2段階の料金が26円である貯めに起こります。第2段階までの料金は東電のほうが安いので、徐々に料金差が縮まり、最大限に縮まる場所が第2段階の最大使用料である300kwhなのです。

しかし、第3段階に入ると東電の料金がはねあがるので、今度は一気にLooop電気が安くなっていきます。

東京電力の料金(第3段階)とLooop電気の料金

ひと月の電気使用量が、第3段階料金となる500kWhであったと仮定します。

東京電力は基本料金が280.80円×6=1684.8円、電気料金が19.52円×120=2342.4円、26円×180=4680円、30円×250=7500円で、合計すると16207円です。

一方のLooop電気は500×27円=13500です。

なんと毎月2700円もLoop電気が安いという結果になりました。

Looop電気は使えば使うほど安くなる

第3段階の使用料になると、あとは使った分だけLooop電気が安くなり、差がどんどん開きます。私の家では、冬場は毎月500kwh前後の電気を使用しています。夏場は250~300kwhぐらいです。

平均すると、毎月1000円ちょっと従来の電気会社よりも安くなっています。年間にすると15000円程度安くなっています。かなりありがたいことです。

また、Looop電気の場合は、余計な計算をしなくていいのも助かります。

Looop電気ですが、もともと東日本大震災のときに、被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生しました。再生エネルギー普及にあたって、Looop電気にはがんばってほしいと思っています。

関連記事と広告