歯医者での歯石除去は半年に1回はするべき。虫歯を防ぐ正しい歯磨きとは?

アリスです。

歯の定期的なお掃除していますか?毎日の歯磨きのことではなくて、歯石の除去のことです。

定期的に、歯の掃除をしなければ、いずれ歯はボロボロになり、入れ歯にしなければいけないでしょう。

今の時代であれば、インプラント治療でしょうか。ただし、インプラントはとてもお金がかかります。

スポンサーリンク

歯の掃除が必要な理由とは?

歯の掃除のことをクリーニングというようですね。少し違和感がるので掃除という言葉にしますが、歯の掃除つまり歯石除去が必要な理由は簡単です。毎日の歯磨きでは汚れが完璧にとれないからです。

特に奥歯や、歯の裏側です。ごしごし磨けば綺麗になるというものではないです。

多くの人が、磨き残しがたくさんあります。それを栄養として虫歯が進行するのです。

歯医者で歯の掃除をしたことがあればわかると思いますが、最初に磨き残しがどれだけあるかをチェックされます。

歯に薬液をつけると、磨きの残された部分が真っ赤になり、それでチェックできるのです。

歯の裏側や奥歯は真っ赤になりますね。特に汚いところは、紫色になります。歯と歯の間などは紫になります。

また、歯の掃除で虫歯が見つかることはかなりあります。虫歯は進行してからみつかると手遅れになります。その前に見つけて治すことが大事です。

スポンサーリンク

歯磨きの仕方が悪い!正しい歯磨きとは?

磨き残しがたくさんあるのは、歯磨きの仕方が悪いからです。

正しい歯磨きをすれば、完全に磨き残しをなくすことはできなくても、少なくなります。

そこで正しい歯磨きについてお教えします。いずれも歯医者さんで直接指導された内容ですので、正しい情報です。

前歯は歯磨きを縦にして磨く

前のほうの歯は歯磨きを縦にして磨きましょう。歯と歯の間にブラシがはいるように、磨きます。ポイントは歯の角度に合わせて、歯磨きの角度を変えることです。

1本1本磨く

多くの人がやる過ちですが、歯磨きを大きく動かして磨くと、汚れが全く取れません。

歯ブラシは小刻みに動かすことが大切です。なぜなら、小刻みに動かすことで、ブラシが歯と歯の隙間に入り込むからです。

歯を1本1本磨くように意識すれば、おのずと小刻みな動きになります。

奥歯の後ろまでブラシを入れる

上の歯の奥歯の後ろ側には汚れがいっぱいついてます。多くの人が、磨き残す部分です。

ここからばいきんが発生して、奥歯の虫歯の原因になります。

大丈夫です対策はあります。上の歯の奥歯の後ろには隙間があると思いますが、そこまで歯磨きを入れて磨くのです。

そうすることで奥歯の汚れがきれいに落ちます。

スポンサーリンク

歯磨きが最も重要だが、完ぺきではない

ということで、日々の歯磨きが虫歯にならないために最も重要です。

かなりの人が適当に磨いていると思いますが、それでは磨き残しがとてもあるので、上で紹介した方法で磨いて下さい。

また、歯磨きは重要ですが、磨き残しをゼロにすることはできません。

どうしても磨き残しはでます。意地になって磨いても意味がないということです。

だからこそ、半年に一度歯医者で歯の掃除をしてもらうのです。

歯の掃除をしてもらうことで、歯はピカピカになります。また、歯磨きの仕方も教えてもらえます。

どうしても、歯磨きは毎日することなので、最初は念入りに磨いていたとしても、どんどんテキトーになっていきます。

半年に1回の歯石除去をすると、歯もピカピカになり、ピカピカの状態を維持したくなるのが人間です。そこで、再度きれいに磨こうと思うことで、改めて初心に戻って歯磨きができるようになるのです。

何年も歯の掃除に行っていない人は、ぜひ、歯の掃除に行ってみてください。

スポンサーリンク
関連記事と広告