インフルエンザの予防接種は病院ごとに値段が違う。予防接種を受けるには?

アリスです。

だんだん寒くなってきましたね。

寒くなると色んな病気も流行り出します。

特にインフルエンザは毎年流行して、予防接種も予約待ちになる事も恒例になってきています。

そこで今回は、インフルエンザの予防接種についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

値段は病院ごとに違う

皆さん、ご存知でしたか?

インフルエンザの予防接種は、各病院によって値段が違います!!

例えば、A病院は3800円に対しB病院では3000円、C病院では4000円とバラバラの値段です。

その理由は‥‥自由診療だからです。

スポンサーリンク

自由診療とは

健康保険が適用にならず、全額自己負担になる治療です。

医療費は病院側が自由に決められる制度です。

そのためインフルエンザの予防接種の値段は各病院で違ってくるのです。

スポンサーリンク

予防接種を受けるには

病院ごとに予防接種の値段が違ってきますから、事前に下調べする事をおすすめします。

電話での問い合わせでも、病院の窓口で聞いても教えてくれます。

かかりつけ医の病院が安ければいいんですが、そうでない場合は他の病院で接種しなければいけません。

その場合は、次の点に注意してみましょう。

服用している薬があれば、処方してくれた医師に接種していいかまず確認。

抗生物質の薬など、服用を止めてから1週間経過していないと接種できなかったりもします。

そして持病があったり、たまごアレルギーがあったり、必ずしも皆が接種できるわけではありませんので必ず確認してからにしましょう〜。

スポンサーリンク

予防接種後は

接種後の4〜5日は様子をみましょう。

インフルエンザの症状と同じように熱が出たり風邪をひいた感じになったりと体調に変化があればすぐに病院へ!

インフルエンザの予防接種を受けたからといって、インフルエンザにかからない訳ではありません。

先に体内にウィルスを入れ、重症化を防ぐのが目的です。

インフルエンザにかからなくするために、手洗いうがいマスクを徹底し、ウイルスの侵入を防ぎましょう〜!!

スポンサーリンク
関連記事と広告