netstatコマンドの見方。必要なオプションはaとnだけ

アリスです。

netstatコマンドは、network statisticsの略です。statisticsは統計です。

ずっとstatusの略かと思っていましたが、どうやら違うようです。

netstatコマンドはネットワーク接続の状態を表示します。

netstatと打つと、下記のように表示されます。

 プロトコル  ローカル アドレス          外部アドレス        状態
  TCP    uxpc15:2112            server1:microsoft-ds   ESTABLISHED
  TCP    uxpc15:2167            server2:pop3           ESTABLISHED

スポンサーリンク

netstatコマンドのオプション

netstatコマンドにはたくさんのオプション引数があります。

もちろん全て覚える必要はありません。

必要な時にLinuxならターミナルで「man netstat」Windowsならコマンドプロンプトから「netstat help」と打てば使い方の説明が表示されます。

実際よく使うオプション引数は2つくらいです。aとnオプションです。

そのため、netstatコマンドを打つときは、「netstat -an」と入力すると覚えてもいいです。

Linux限定ですがpオプションを使う時も多いです。Linuxでは「netstat -anp」と入力すると覚えておいてもよいでしょう。

aオプション

allのことです。

すべての接続と接続待ちポート(リッスンポート)が表示されます。

aオプションを指定しなければ、接続中のポートだけが表示されます。

スポンサーリンク

nオプション

numeric(数字)のことです。

DNSによる名前解決をせずに、IPアドレスがそのまま数字表示されます。

netstat -n と打つと下記のように出力されます。

プロトコル  ローカル アドレス         外部アドレス     状態 
TCP    192.168.0.111:1085    172.16.10.51:139      ESTABLISHED
TCP    192.168.0.111:2874    172.16.10.54:445      ESTABLISHED
TCP    192.168.0.111:3435    172.16.10.51:80       ESTABLISHED
TCP    192.168.0.111:3979    172.16.10.51:445      ESTABLISHED

nオプションを指定しなければ、PCのホスト名(コンピュータ名)が表示されます。

nオプションを付けない場合に、PCのホスト名が想定したホスト名と違う場合があります。

その原因と解決策は後述します。

スポンサーリンク

pオプション

Linuxでは、programのことです。

どのプログラムでIPとポートが使用されているかが表示されます。

Windowsではprototypeの略で、TCPで使われている接続だけとか、UDPだけとかで表示することができます。

スポンサーリンク

aオプションとnオプション以外は不要な理由

Linuxであれば、aオプションとnオプション以外は覚えなくてもいいでしょう。

aで全て表示できるので、必要な接続を見つけたいときは、その中からgrepして見つければよいからです。

例えばtcp接続だけを表示するときは、下記のようなコマンドになります。

netstat -an | grep tcp

netstatコマンドにはTCP接続を表示するtオプションがあるのですが、不要なのです。

ただし、grepコマンドが使えるのはLinuxだけです。

netstatコマンドの味方

①プロトコル  ②ローカル アドレス         ③外部アドレス     ④状態 
TCP    192.168.0.111:1085    172.16.10.51:139      ESTABLISHED

(1) プロトコル種類
TCP、UDPなど、コネクションの種別を表示

(2) ローカル(接続元)ホストのIPアドレスとポート名(番号)
「0.0.0.0」は自身が持つどのインターフェイスへの接続でも受け付ける

(3) 接続先ホスト名(IPアドレス)とポート名(ポート番号)

(4) 接続のステータス(ESTABLISEDは接続中)

スポンサーリンク
関連記事と広告