給料や仕事内容に不満がある人は部署異動のチャンスを狙うのも一つの手

こんばんは、アリスです。

給料に不満がある人は、かなりたくさんいるようですね。

世間的にみれば、相当高額な職業であるお医者さんでも不満を持っている人はたくさんいることが統計でわかっています。

スポンサーリンク

同じような仕事でも給料は異なる

同じような仕事で給料は異なります。会社が利益を出していれば当然多くもらえますよね。

また、自分がその会社(部署)の中で働いている人と比較して能力が高いのであれば、それもまた多くもらえますよね。

自分では能力が高いと思っているにもかかわらず、給料に不満がある人は、その理由を一度考えたらよいと思います。

あなたの会社は十分な利益をだしているか。

あなたが属しているグループの中であなたの仕事を遂行する能力は高いのか?

スポンサーリンク

所属する部署内で能力が高くないのであれば異動もあり

あくまであなたが属している部署内でのあなたの仕事の遂行能力です。

偏差値が30代の学校のトップは、偏差値60代の学校のビリより能力が高いです。

あなたが、トップに立てるグループに所属しなければ、給料は増えません。

同じ部署に自分よりも能力が高い人間が複数人いるなら、さっさと諦めて戦場を変えるのも一つの手です。

いつまでたっても昇進できず不満ばかりたまる状態では、どんどん腐っていきますし、非常にもったいないです。

どうせやるなら、自分がトップに立てる会社にいくべきですが、転職は大変です。

それであれば、部署異動を考えてみましょう。

人数が数十人程度の会社では無理なことですが、数百人規模の会社なら意外と簡単に異動できますよ。

スポンサーリンク

部署異動のチャンスは事前に相談していたものに訪れる

まずは上司にさりげなく相談するところからです。異動したいと直接言えなかったとしても、何らかの相談はしておきましょう。

なかなか昇格できず悩んでいるといってしまうのも一つの手です。今回昇格対象と思っていたのに、外れてきつかったとか。

仕事が少しきついとか、自分に合っていないんじゃないかと悩んでいるとか。なんでもいいのです。

とにかく一つだけ言えることは、事前に相談していたものにしか部署異動のチャンスはこないということです。

例えば他の部署が人を一人ほしいといっているから、お前の部署からだれかだしてくれ。

というようなことは、ある程度の規模の会社であれば日常茶飯事の出来事です。

もちろん、その話は管理職同士でなされるもので、下は知ることはないです。

管理職の立場になれば、そのようなときにまず頭に思い浮かぶのは、当然のごとく事前に相談があった人です。

スポンサーリンク

事前調査は入念にしておく

ただ、事前調査は可能な限り入念にしましょう。

例えば、異動したい部署ではどのような仕事をしているのか?仕事内容が自分が得意なことなのかどうかは調べておきます。

できれば、その部署の人と知り合いになって情報をもらいましょう。

調査は異動が決まってからでは遅いです。

給料や仕事に不満がある人は、アンテナ感度だけは高くしておきましょう。

普段から、他部署の仕事内容を知ろうとしてみてください。

その気が本人にあれば、同じ社内なので比較的簡単に情報を得られるものです。

諦めないでがんばってください!

スポンサーリンク
関連記事と広告