立沢賢一のSISスクール金額は50万円。果たして億万長者になれるのか?

アリスです。

立沢賢一さん主催のスクールが発表されて数日経過しました。

スクールの金額は50万円でした。

50万円が高いかどうか?普通の一般人の感覚なら、高いと思うでしょう。

スクール内容について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

SISスクールとは

スクール名はSISです。

Strategic Investment Societyの略で、日本語に訳すと『戦略的投資協会』です。

お金持ちになるためには確固たる戦略が必要ということから、この名前をつけたようです。

スポンサーリンク

スクール金額と人数限定募集

金額は50万円です。一般人の感覚としては高いです。

当初70名限定募集でしたが、140名に拡大されました。

きっと、募集が殺到したのでしょう。

しかし、募集のページには下記のような記載がありました。

SISでお迎えする人を70名様と限定し、これらの私の家族同様に大切にお迎えし、いつでも決め細やかな対応ができるように募集人数を先着70名様と限定しました。

140名まで増えてしまうと、きめ細やかな対応は難しいのではないでしょうか?

最初に70名以上募集しないと明言しているにの、途中で変更したのはなぜか??

おそらく当初は想定していなかったことと思われます。

なにしろ50万円もするので、そこまで応募はないと思っていたのかもしれません。

ところが、予想を超える反響で、70名の枠がすぐに埋まってしまったのだと考えられます。

スポンサーリンク

お金がなくてパン一斤て本当なの?

セールスレターに住友銀行時代にロンドンで生活していた際、食費の確保も難しく、毎日のランチが食パン一斤とありましたが・・。笑

ひたすら食パンを食べていたらしいです。マジかよって感じですが。(^^)

最初の動画(第1話)で住友銀行でイギリスにいたときは、25の若造でも家賃補助が30万出ると言っていたはずですが。。

住宅補助が30万もでているなら、手当もそれなりに出ているはずです。

セールスレターには、当時の奥さんが重い病気で給料のほぼ全額を病院代に回していたと書いていますが、一体何の病気でしょうか。。

というか、そもそもそんな大病を患っている奥さんをおいてイギリスに行ったのでしょうか・・。

まあ、多少盛って書いているとは思いますが。。

スポンサーリンク

商品は一人で作れない

ところで、このセールスレターですが、立沢賢一さんも業者にサポートしてもらっていると思います。この手の商品を一人ですべて作るのは不可能とは言いませんが、かなり大変です。

スクール運営からお金の計算から、何から何まで全てを一人でするのは、時間がかかりすぎるからです。

立沢さんも業者に依頼して、セールスレターや、スクールの内容をサポートしてもらっているでしょう。

業者は大げさに書くのが大好きです。なぜなら、そのほうが人が集まるからです。

セールスレターには、やたら億という言葉がでてくるのも、そういった理由だと思われます。

誰しもがそんな簡単に億万長者になれるわけがない。それは確かです。

しかし、だからといって諦めたら終了ですよね。

タイツアーが抽選で10名にあたる

2017年10月16日の20時までにSISスクールに入った方の中から抽選で10名にタイツアーの招待チケットが当選するそうです。

分かりませんが、人数を増やしたお詫び?なのでしょうか。

当選した10名には、航空券の往復料金から、ホテル代、セミナー、投資候補観察、夜の観光など豪華タイツアーがプレゼントされるようです。

「本当に10名あたったとしても、全員サクラじゃないのか?」

と思うひねくれものの私のような人のために、Facebookのライブ中継でリアル抽選をするそうです。

70名以上の募集を早期に達成したということで、還元してくれるということだと思われます。

スポンサーリンク

結局スクールはどうなのか?億万長者になれるか?

セールスレターを見る限り、スクールのメインは不動産のようです。

そうなってくると、現在資金がどのくらいあるか?というのも大切になってきます。

海外の不動産ですが、一括で買うことはできなかったとしても、最初にそれなりの額は必要だと思います。

例えば500万円に満たない資金しかないのに、3年後に1億は難しいと思います。

そういった甘い考えの方はスクールに入らないほうがいいでしょう。

それに、これまでの与沢翼と立沢賢一の動画を見る限り長期的な投資がメインです。不動産や株を長期でじっくりと育てていく投資ですね。

目標をもって、長期でじっくりと育てていく投資も面白いかもしれません。

ただ、やっぱり長期でやるにはある程度資金が必要です。これは以前から与沢翼も言っていることですね。

『短期投資で稼ぎ、長期に振り分ける』ということが重要になります。

スポンサーリンク
関連記事と広告