高橋しんの漫画『最終兵器彼女』の世界観とネタバレ。ボロクソに批判すると絵が下手なロリコン漫画

アリスです。

高橋しんの漫画「最終兵器彼女」はご存知でしょうか?

1999年12月27日に連載が開始し、2001年10月29日に完結しています。

もう17年も前の漫画のレビューですが、してみます。

スポンサーリンク

物語のあらすじ

物語の主人公は、北海道の小樽で暮らす高校生シュウジちせです。

ちせの告白により、シュウジとちせはつきあうことになります。

しかし、ちせの体に異変が起きてしまいます。

ちせは、最終兵器となってしまったのです。

なぜ最終兵器となったのか、その経緯は書かれていません。

とにもかくにも最終兵器となってしまったちせは、戦争で多くの人を殺すことになります。

ちせは、見た目こそ普通の女の子ですが、戦争にいく際、背中から翼が出て空を飛びます。背中からミサイルが発射されます。腕もマシンガンに変わります。

戦争がいったん終わると、元の姿に戻ります。

ちせは、最終兵器になってから、心臓の音がしなくなりました。最終兵器だから、人間ではなくなってしまったのです。

それでも、シュウジはちせを人間として愛します。

最終兵器彼女は、そんな二人の恋愛物語です。

皆さんの言いたいことは十分わかります。そんなめちゃくちゃなということですよね。

そうです、めちゃくちゃなんです・・。しかし、それがマンガです。

スポンサーリンク

なぜ最終兵器彼女?

作者の高橋しんは、ある日電車に乗り、中づり広告を見ていました。

二つの単語が目に止まりました。

「最終兵器がどうのこうの」「彼女がうんぬんかんぬん」

それを見た高橋しんは、「彼女が最終兵器だったらすごいイヤだよなー」と思ったのです。

最終兵器彼女が誕生した瞬間です。

最終兵器や戦争が主題テーマではない

この物語の世界観はすさまじいです。

日本とどこの国が戦争しているかは書かれてませんが、日本はほぼ壊滅しています。

北海道だけが残っているのです。

そして、その北海道も、小樽以外はすべて壊滅してしまうのです。

しかし、実はこの漫画の主題は最終兵器や戦争ではないのです。

恋愛が主題テーマです。

初めて恋をした青春時代。

恋愛のことばかり考えていた若かりし頃の話なのです。

スポンサーリンク

中学生、高校生が読むとはまる漫画

おそらくですが、今まさに青春を謳歌している中学生、高校生が読むとはまるでしょう。

私の学生時代の友人にもはまっていた人がいました。

その人との卒業旅行で、北海道の小樽の現場を見に行くはめになりました。

私は当時、最終兵器彼女の漫画をよんだことがなかったので、正直なんの感動もありませんでしたが・・。

ちせとシュウジが通っていた高校は、小樽の地獄坂を上った先にあります。

名前の通り、とても急な坂道です。

そして、ちせとシュウジが何度もデートした旭展望台の場所からは、小樽の景色が一望できます。山を15分程歩かなければなりません。

絵が下手?

正直、何がかいてあるのかわからないシーンがかなりあります。

背景は相当に雑だと思います。

漫画家によくありがちな、締め切りに追われて、絵が雑になってしまったのでしょうか。

ただ、絵の下手さなんてどうでもいいくらい、世界観がすごいので気になりません。

実は絵が下手というのは語弊があって、人物の絵(特に顔の表情)は相当にうまいです。

とくに女性の顔の表情が、とても上手だと思います。

ちせやシュウジの表情はとてもうまく描いています。顔を見るだけで、その人物が何を考えているのか想像できます。

スポンサーリンク

ロリコン漫画?

これをいってしまったら、終わってしまうのですが・・ロリコン漫画といわれても仕方ないような気がします。

ちせは高校生ですが、とても幼く見えます。

また、性描写もあるのですが、正直「うーん・・・」と唸ってしまうような内容です。

ただし、高校生の視点だと、そのほうがリアルでいいのかもしれません。

たしかに高校時代はそういうこと考えていたなとも思います。

正直に言うと稚拙に感じるのですが、まだ大人になり切っていない高校生の話なので、それでよいのだと思います。

結末のネタバレ

戦争の結果、最後シュウジだけが生き残ります。

ちせ自身がシェルターとなり、シュウジはその中にはいり、宇宙に飛び立ちます。

シュウジ以外の人類は全滅しました。

おそらく、核戦争になり、破滅したのでしょう。

スポンサーリンク
関連記事と広告