結婚式、披露宴会場の値引き交渉で費用を安くする裏技方法!

アリスです。

秋になると、結婚式や披露宴をする人達が多くなってきます。

同じするなら、安くあげたいですよね。

そこで、少しでも費用を抑えて、

式場、披露宴会場選びを楽しくまわる方法をお教えします。

スポンサーリンク

式場、披露宴会場の選び方

日にちを決める

まず、1番大事なのは日にちです。

半年前でも、結構な確率ですでに予約で埋まってます。

できれば、1年前くらい前から予約した方がいいです。

土日で、かつ大安の日に行う人が多いので、かぶりやすいからです。

結婚式のタイプを決める

次に、どんなタイプの結婚式にするかを決めます。

細かくは決めなくてもいいですが、大まかな感じで描いてください。例えば・・

・神社で結婚式をあげたいな

・チャペルがいいな

・レストランウェディングがいいな

という具合です。

式場、披露宴会場の候補を探す

どんな結婚式にするが決まったら、ゼクシィやネットを使って式場、披露宴会場を探します。

神社、ホテル、レストランですね。

式と披露宴を1箇所で行うのが多いですが、

式は神社で披露宴はホテルでという具合に、別々の場所で行うこともできます。

私の場合ですが、式は平安神宮で挙げ、披露宴は京都のリーガロイヤルホテルで行いました。

候補がきまったら、連絡をいれます。

電話が確実だと思いますが、最近はネットからも予約できます。

また、ホテルやレストランの場合、ほぼ毎週、披露宴の体験会を開催しています。

体験会によっては披露宴で出される食事も食べることができます。

とても楽しいですし、お腹まで満足です。

もちろん、まるまる一人前は、出て来ないところがほとんどですが。

打ち合わせに行く

毎週、色々な会場に、打ち合わせの約束をいれて、相談に行くのがオススメです。

値引きしてもらうには、比較することが大切だからです。

ちなみに、私たちは、10以上の会場を下見しました。

ネットには具体的な値段はのっていません。どんな結婚式にするかによって、見積もりがまったく変わるからです。

例えば、衣装を2着にするか、3着にするかや、撮影セットと言って、式や披露宴の撮影、アルバムやDVDを作るかどうかなどで、値段が変わります。

それに、衣装にもランクがあります!

私は由美かおるの最新のデザインのウェディングドレスを着ました。もちろん、かなり値引きしてもらいました!笑

見積もり自体は、どこのホテルも似た内容ですが、交渉次第でかなり変わってきます。

交渉の仕方

お待ちかねの交渉の仕方です!

どこも最初に式や披露宴の計画をしてくれます。そして見積書を作ってくれます。

その後、サービスや値引き価格などを提示してきます。

色々下見にまわってると、値段もホテルによって違ってきます。

例えば‥「○○ホテルはこの値段でしたけど」や、「○○ホテルはこんなサービスをつけてくれます」など、式場名などは隠さず言った方がいいです。

相手側も、ここだけ見に来ているとは思っていませんし、対抗意識も芽生えてかえって良い結果に結びつきます。

でも、中々相手側も難しいと言ってそれ以上のサービスや値段き価格もしてくれません。

やはり、新人さんなどは自分でサービスしたり値段を値引きするのはできないので、その場合は担当を変えてもらいます。

話のわかる人なら、交渉に応じてくれますので、『どこまでお勉強してくれるか』を必ず聞きましょう‼

キツイ感じで交渉してもお互いイヤな印象になります。

アットホームな感じで進めます。

例えば‥

「僕達、費用が○○円しかないんですが、是非ここで式や披露宴をしたいんです!」「○○さんとこうして出会ったのも何かの縁!何とか僕達に力を貸してくれませんか?」などなど‥。

「いくらまでしてくれますか?」と聞くのではなく

「○○円にしてほしい‼」と自分達がしてほしい値段をぶつけましょう。

すぐに引いてはいけません!!

粘りも肝心ですよ〜。

笑顔も忘れずに。

余談ですが‥

私達も楽しく交渉をして、トータル100万円以上安くなりましたよ!

スポンサーリンク

まとめ

とにかく、自分達の足を使って回るのが大切です!それこそが裏技です。

当たり前のことに感じるかもしれませんが、多くの人は3つ、4つ回ってさっさと決めてしまうことが多いです。

私たちのように、10以上も回る人はなかなかいないです。

でも、すごく楽しいですよ。

いろんなホテルの会場を見ることができますし、プレゼントも沢山もらえました。

飲み物や、お菓子はもちろん、会場によっては食事体験もできました。

食事だけして、帰っても全然オッケーです!

式場・披露宴代は、値段があってないものだと思っています。

お花代、衣装代、司会代、食事代、音響代、撮影代などなど‥。

担当の方と楽しく会話をして仲良くなり、値引き交渉をするとうまく話が進みます。

ぜひ、楽しく交渉をして素晴らしい結婚式を挙げてくださいね!!

スポンサーリンク
関連記事と広告