解離水で健康になれる!水素水よりもすごい奇跡の水

アリスです。

私は昨年、長年の激務から体調を壊してしまい、自己免疫疾患になってしまいました。

診断を受け治療を開始する前に、ヨガの講師をしている親友に相談したところ、漢方薬を処方してくれる先生を紹介してくれました。

そこでまず漢方薬を試してみたいと思い、主治医にその旨を話し、西洋医学の治療を一旦保留にしてもらいました。

もちろん、定期的に受診して採血データのフォローを受けています。
データが悪化するようなら、西洋医学の治療を開始します。

そして漢方薬と並行して、花岡孝吉博士が考案した解離水生成器を購入しました。

人間の体の60%〜70%が水分であることから、体にとって少しでもよい水を摂取したいと思ったからです。

今、人気なのが「水素水」です。水素水には、体の毒素を取ってくれるという要素がたくさんあります。

しかし、水素水の上をいく水が「解離水」といわれています。

今回、私が一年以上飲んでいる解離水について説明します。

スポンサーリンク

解離水とは

水の分子が壊れ、エネルギーが高まった状態になった水のことを解離水といいます。

水酸イオン(OH⁻)とプロトン(H⁺)を多く持ち、速やかに細胞へと浸透します。

解離水は、体内の毒素を分解します。そして新陳代謝を促進します。

また、ATPエネルギー生産を向上させます。

ATPとは筋肉を動かす時のエネルギー源となる物質で、体内で作られるものです。

スポンサーリンク

解離水の利用方法

・洗面やうがいに
・炊飯や煮物など毎日の料理に
・飲料水に
・お茶、コーヒー、紅茶、製氷に
・焼酎、ウィスキーの水割りに

解離水の効果

解離水を細胞内に取り入れることで、活性酸素の発生を抑制し、「免疫力」「酸化還元力」「解毒排出力」を高めるといわれています。

奇跡の水として有名な「ノルデナウ」や「ルルド」の水は解離水であるということが分かっています。

ノルデナウではチェルノブイリの原発事故で白血病になった人が、この水を飲んで完治したことは有名です。

スポンサーリンク

解離水の生成装置の原理

解離水は専用の生成装置で作ることができます。

生成装置によって、水道水を解離水にする仕組みです。

装置の中で、水を浄水し、さらに水酸イオン(OH⁻)とプロトン(H⁺)に解離します。

私の体験談

私は健康を害したことで生活全般を見直しました。

口に入れるものとして水を解離水に変えたのはもちろん、腸内フローラの働きをよくするために、バランスのとれた食事を心がけるようにしました。

また、仕事中心の生活パターンを見直しました。ヨガのポーズを取り入れて心身のリラックスを図り、睡眠時間を増やしました。

ありがたいことに、現在採血データは改善傾向にあります。

病気をネガティブにとらえずに、次の病気を予防するためにも、努力して健康を保つことはとても大切であります。一病息災という考え方です。

一病息災とは、一つぐらい持病があったほうが、かえって健康に気をつけて、長生きできるということです。

解離水の生成器は値段が高いですが、水は毎日使うものなのでコストパフォーマンスは相当高いです。

お金で健康や命を買うことはできません。

病気になってからでは取り返しがつきませんので、普段から良い水を摂取し、健康に長生きするのが何よりも大切です。

解離水生成装置

解離水生成装置の本体は作っている会社が同じで、特許がとられているはずです。販売メーカによって、ラベルや色が違いますが、中身そのものは同じ原理です。

友人達が自宅に遊びに来る際は、みな必ずといっていいほど2リットルのペットボトルを持参し、解離水を持ち帰っています。

スポンサーリンク
関連記事と広告