東京医科大の受験詐欺は金が理由。女性差別の慰謝料がわずか10万円

こんにちは、アリスです。

東京医科大が組織ぐるみの受験詐欺を行いました。女性の受験生や浪人生が不利になる得点調整を行うという詐欺です。

やっていることは、昨今流行しているオレオレ詐欺と何の変わりもありません。東京医科大がやったことは、受験生を騙すという行為なので詐欺です。

受験の得点調整を行っていることを知っていた東京医科大の教授、及び社員は自分がやっていることが、いかに人間として最低な行為であるかが、わからなかったのでしょうか。

哀れでおそまつな人たちです。

今回の発覚により、2006年度~2018年度入試で不合格となった18歳から30代の女性の元受験生24人が、支払った受験料と慰謝料の支払いを求めて訴訟しました。

しかし、慰謝料は、受験1回あたりたったの10万円の算出で、明らかに少なすぎます。24人の受験生の方には、もっと莫大な慰謝料を要求してほしいです。

スポンサーリンク

東京医科大は慰謝料として1億支払うべき

慰謝料は一人あたり1億が妥当だと思います。

受験が失敗したことによる精神的な苦痛、その受験のために費やした時間、受かってた場合に得られた報酬。受かっていたことで、その人によって救われた命もあったかもしれません。

優秀な結果を出したにもかかわらず

人生80年時代ですが、若者にとっての一年という時間は、これ以上ないくらい本当に貴重です。30代の1年と、10代の1年の価値は全く違います。

その貴重な1年を台無しにされた人たちへの、慰謝料が10万円???

東京医科大さん、ふざけるのも大概にしてください。

若者の貴重な1年を奪った行為に対して、10万は少なすぎます。一億ぐらいが妥当ではないでしょうか。もし、米国の医科大学で、このようなことがあれば、1億で済むでしょうか?

米国だったら、1億でも少ないのではないかと思います。

スポンサーリンク

東京医科大の詐欺は金が目的

詐欺をおこなった理由は簡単です。自己の利益のためです。

東京医科大は、詐欺を行った理由について「現役男子卒業生が、後々戦力となるから、優先して入学させていた」と言いました

社会のためではなく、自分たちの利益のためです。

東京医科大が現役男子を有利にした理由は、病院側に若い男子の医師を供給すれば、紹介料や寄付金がたんまりもらえるからです。だから、女子や浪人を差別したのです

きっと病院側からも、賄賂をもらっていた人達もいたでしょう。賄賂を受けなくても、接待は何度もあったかもしれません。

教授たちにとってはは後々の戦力じゃなくて、後々のお金が目当てです。

仮に賄賂をもらっていなかったとしても、寄付が入れば自分の収入も増えます。

スポンサーリンク

女性を差別する理由

学校側の言い分である「後々の戦力」は、深夜勤務や残業のことです。確かにその言い分もわかりますが、結局いいわけでしかないです。

い女子は体力が男子よりないから、深夜勤務はできない。子育てがあるから、残業も難しい。

一見、正しそうな言い分ですが、これは論点をずらしているだけです。医師が過酷な現場だということは誰でもわかりますが、全ては工夫次第のはずです。

日本全国には、いまだ女性差別をしている企業、組織がたくさんあります。東京医科大の犯罪は、その一つが見つかっただけに過ぎません。

セクハラもいまだ多いかもしれませんが、それ以上に女性への差別はとても多いです。

今回の問題も、女性は出産するからということが、差別している理由です。

出産のタイミングで仕事をやめることがあるし、やめなかったとしても一年は育児休暇をとるので、一人医師が少なくなる。残業や深夜勤務も難しいからです。

人を材料としかみておらず、女性を雇うとロスが発生するとしか考えていないわけです。

そもそも医師一人に全てを背負わせている病院側の経営のやり方に問題があります。医者の数が足りないのもわかりますが、それなら医師の負担を少しでも減らすような工夫ができるはずです。

例えば、医師の雑務をほぼゼロにして、医療に専念できるように、専属のマネージャーをつけてサポートすることもできるはずです。

そういうと、お金がないといいはるのでしょうけど、それは短絡的です。医師が医療にだけ専念できれば、効率も良くなるはずです。

スポンサーリンク

全国の女性に怒りをもってほしい

もう20年前になりますが、私が中学生1年生の頃、男女雇用機会均等法について外部の人を招いて、授業がありました。

授業の最後にアンケートがありました。女性を差別することに対してどのように思うか?みたいなアンケートでした。(ちなみに、言うまでもないと思いますが、私は男です)

中学生の私は、女性が差別される理由がまったくもって理解できませんでした。小学生時代も含めてクラスは男女ともに仲がよく、差別的なことはまったくなかったからです。

大人になったら差別する人がいるのか・・・なんでなんだろうと感じたぐらいです。

ちなみに、アンケートには「差別なんて考えたこともない。男女雇用機会均等法なんかなくても、男女平等だ!」と、少しいきがった回答をしました。

今でも中学時代の、その考えは変わっていません。

男女雇用機会均等法があるうちは、まだまだその社会は差別的だと思います。本当にみんなが心から差別なんて考えもしなければ、そんな法律は不要だからです。

早くそんな時代が来てほしいですし、そのためには今回の東京医科大の問題について、全国の女性が怒りを持つことが大事だと思います。

最後にですが、東京医科大さんへ物申します。

落とした受験生への慰謝料は1億ずつ払ってください。関わった教授の給料を減らして、そのお金を原資にしてください。病院側から得た寄付金も、全て慰謝料に使ってください。

うそっぱちの言葉での謝罪は不要です。誠意を見せてください。嘘はバレます。これ以上、世間をバカにした発言をしないでください。

スポンサーリンク
関連記事と広告