FAANGの営業・投資・フリー・財務のキャッシュフローを徹底解説!

こんにちは、アリスです。

遂に日経平均が2万4,000円を突破しました。これからどのくらい上昇していくのか、はたまた下落してしまうのかはわかりませんが、動向を注意深く見守っていようと思います。

ところで、皆さんはFAANGという言葉を聞いたことがありますか?

これからのアメリカ経済を読み解くうえで、重要なキーワードとなるので解説したいと思います。

スポンサーリンク

FAANGとは?

次の5つの会社の略です。

F:フェイスブック
A:アマゾン
A:アップル
N:ネットフリックス
G:グーグル

どれも、聞いたことがある言葉なのではないでしょうか?本来、「牙」を表す「FANG」という言葉をもじったものですが、「アップル」を加えています。

ちなみに、日経新聞では、これらの会社をあらわす言葉として、ネットフリックスだけを除いた「GAFA」という言葉が使われていますが、欧米のメディアでは見かけない表現です。

何故ネットフリックスだけを除くのか?といったら、次で説明しますキャッシュフローをみても、他と比較してまだまだ小粒だからです。

スポンサーリンク

FAANGのキャッシュフローは?

この5つの会社のキャッシュフローはどうなっているのでしょうか?それぞれ解説しましょう。

ところで、キャッシュフローとは、その名の通り現金の流れのことです。実際に得られた収入から支出を差し引いて手元に残る資金の流れのことです。

1.フェイスブック
・ 営業キャッシュフロー +242億1,600万ドル
・ 投資キャッシュフロー +200億3,800万ドル
・ フリーキャッシュフロー +41億7,800万ドル
・ 財務キャッシュフロー -52億3,500万ドル

2.アマゾン
・ 営業キャッシュフロー +184億3,400万ドル
・ 投資キャッシュフロー -278億1,900万ドル
・ フリーキャッシュフロー -93億8,500万ドル
・ 財務キャッシュフロー +98億6,000万ドル

3.アップル
・ 営業キャッシュフロー +635億9,800万ドル
・ 投資キャッシュフロー -464億4,600ドル
・ フリーキャッシュフロー +171億5,200万ドル
・ 財務キャッシュフロー -173億4,700万ドル

4.ネットフリックス
・ 営業キャッシュフロー -17億8,600万ドル
・ 投資キャッシュフロー +3,400万ドル
・ フリーキャッシュフロー -17億5,200万ドル
・ 財務キャッシュフロー +30億7,700万ドル

5.グーグル
・ 営業キャッシュフロー +370億9,100万ドル
・ 投資キャッシュフロー -314億100万ドル
・ フリーキャッシュフロー +56億9,000万ドル
・ 財務キャッシュフロー -82億9,800万ドル

営業キャッシュフロー

企業本来の営業活動により獲得したキャッシュです。この利益が多ければ多いほど、儲かっているということになります。

投資キャッシュフロー

事業維持のために投資に回したキャッシュフローです。設備投資などもここから行います。

フリーキャッシュフロー

営業キャッシュフローから投資キャッシュフローをひいたもの、すなわち自由に使えるお金のことです。フリーキャッシュフローはとても大事で、このお金を使って銀行に返済したり、預金したりします。

設備投資などで、投資キャッシュフローが増えると、フリーキャッシュフローがマイナスになります。

財務キャッシュフロー

銀行借り入れによる新たな資金の調達分と、銀行借り入れの返済分を差し引いたキャッシュフローのことです。

この値がプラスになっていると、銀行借り入れのほうが多いということで、一般的には資金繰りが苦しいということになります。マイナスであれば、銀行借り入れ分より返済のほうが多いので、事業はうまくいっていることになります。

例外があって、積極的に投資している企業もプラスになってしまいますので、見極めが必要です。

スポンサーリンク

FAANGの株が下落?

ちなみに、米国版のヤフーファイナンスには、米国株の好調をけん引してきたこれらのFAANG株が、自重に耐えられず下落?という記事が出ていました。
正直、この記事は読む気がおこらなかったのですが、どういう意図が隠れているかだけ解説します。
株価が上がると、投資基準から見て割高になるうえに、購入により多くの資金が必要になります。
誰にも買えないような高値になると、持っている人が少しでも売るだけで急落する、というからくりです。
バブル末期は、いつもそういう展開を迎えるということを、覚えておきましょう。

amazon kindle unlimitedでは株の本など多数揃っているので、確認してみてください。

スポンサーリンク
関連記事と広告