ステップワゴンハイブリッドの『燃費性能』と『安全性能』が大幅に向上

アリスです。

ホンダのステップワゴンのハイブリッドがマイナーチェンジしました。

2017年9月末にマイナーチェンジしましたので、詳細を追ってみました。

スポンサーリンク

燃費が向上

新型ステップワゴンハイブリッドに搭載されるシステムは、

2モーター式ハイブリッド機構

「i-MMD」

です。

モーターの動力で発電することで、省エネを実現しています。

この機構により燃費は格段にあがりました。

なんとライバルのヴォクシー、ノアハイブリッドの燃費23.8km/リットル

大幅に上回る燃費28.0km/リットルです。

これは大変期待できます。

スポンサーリンク

安全装備がすごい

安全装備にも力をいれているようです。

渋滞追従機能ACC歩行者事故低減ステアリングの機能が追加されます。

渋滞追従機能ACCは、渋滞中に一定の車間距離を自動でとってくれる機能です。

歩行者事故低減ステアリングは、歩行者を認識して、車がつっこみそうになったら、警告音を鳴らし、反対方向にハンドルをきってくれる機能です。

スポンサーリンク

前モデルからのわくわくゲートも搭載

ところで、ステップワゴンのわくわくゲートをご存知でしょうか?

車の後ろにドアがつき、そこから乗り込めるというもので、後部座席の人は前の人が下りるのを待たずに、後ろのドアからさっと降りられるのです。

また、買い物袋を後ろからさっといれられるのが便利で、女性からの人気が高くなりました。

一方、見た目がいまいちということで、男性からの人気は下がったような感じです。

スポンサーリンク

ホンダ巻き返しなるか?

ワンボックスでリッター28kmはすごいです。

トヨタのノア、ヴォクシーより5kmも多く走ることができるのはうれしいです。

ホンダに注目です。

アリスです。 ホンダが軽自動車の人気車種、N-BOXをフルモデルチェンジしました。 今日は新型N-BOXの魅力と性能につ...
スポンサーリンク
関連記事と広告