サッカーベルギー戦はロスタイムに逆転負け。座り込み呆然とする香川慎二

こんにちは、アリスです。

写真は敗戦し、座り込む香川です。

W杯サッカーで決勝リーグに進んだ日本、初戦は世界ランキング3位のベルギーとの対戦でした。日本時間深夜3時に始まった試合でしたが、たくさんの人がTVの前で応援していました。しかし、日本は惜しくも負けてしまいました。

前半0対0で折り返し、後半に突入します。そして、原口元気がスルーパスを受けて見事な先制点を決めます。立て続けに後半7分、乾貴士が強烈なミドルシュートで2点リードとなります。2対0でリードし、そのまま試合は進みます。しかし、後半24分、29分と立て続けにベルギーに2点を決められ同点に追いつかれてしまいました。

きっと頭を抱えた人が日本全国にたくさんいたのではないかと思います。私も思わず悲鳴をあげてしまいました。

スポンサーリンク

後半ロスタイムの逆転負け

その後もベルギーに責められますが、キーパー川島の幾度ものスーパーセーブでピンチをのりきります。

そして、後半ロスタイム、本田がフリーキックからゴールを直接狙います。ゴール枠をしっかりとらえており、キーパーははじくことしかできず、コーナーキックになりました

本田のコーナーキックでは、イイ感じでゴール前にボールが上がりましたが、ベルギーのキーパーに直接キャッチされました。

ここから、ベルギーのカウンターが始まりました。ベルギーの選手は日本ゴールに向けてダッシュします。

しかし、気が緩んでいた日本選手は、走ることができません。唯一、長友がすごいスピードで走って戻りました。しかし一人で3人のベルギー選手を抑えることはできず、日本のゴール前でフリーになったベルギー選手にパスが通ります。

そのままベルギー選手がシュートを放ち決まりました。後半ロスタイム残り時間10秒を切っている時間帯にまさかの逆転ゴールを決められてしまいました。川島が必死に飛びつくも、防ぐことはできませんでした。これは無理だ、鉄壁の川島でも防げるわけがないシュートでした。

下記はシュートが決まる直前の一連の写真です。ベルギーの背番号22番の選手に注目してください。

この瞬間、うわぁぁぁぁぁぁぁという声が日本全国から聞こえてきました・・。

スポンサーリンク

悔しすぎる逆転負け

まさかの後半ロスタイム残り10秒というところで、カウンターを食らい逆転負けを喫しました。日本の選手たちは唖然とした顔をしていました。まさか、こんな結末になるとはだれも予想もしていなかったでしょう。ましてや、後半2点リードした状態からのぎゃくてん負けなのですから。

2点リードし、世界ランキング3位のベルギーに勝てる試合だったわけです。しかし、それが仇となったのかもしれません。それが気のゆるみとなってしまったのかもしれません。

もちろん、日本選手は一生懸命だったと思いますが、こんな負け方をしたら、海外では叩かれるどころで済まないです。2点リードから3点もとられて逆転負けしても日本なら許してくれるでしょうけど、海外だとそうはいかないような気がします。

選手たちにとれば、想像を絶する悔しさですし、視聴者も納得いかなかったと思います。

赤い悪魔(ベルギー)の最後のラストスパートはすごかったです。日本の気のゆるみが失点につながったといわざるをえないです。

このあと様々な番組で厳しい評価をされるかもしれません。ただ、本当に日本人を熱狂させてくれましたし、そのことに感謝します。予選突破したことだけでもすごいことなのですから。

結果は残念ですが、徹底的に分析して、次に生かしてほしいと願っています。

スポンサーリンク
関連記事と広告