W杯セネガル戦で乾貴士が同点ゴール!強敵セネガルに一矢報いる

こんばんは、アリスです。

日本とセネガルの試合が始まりました。セネガルのプレッシャーがすさままじいです。明らかにコロンビアよりも一段上の強さというのが分かります。

まだまだ前半始まったばかりなのですが、セネガルに攻められている展開が続いています。

コロンビア戦の時はディフェンス陣でボールを回して、じっくり責めることができたのですが、セネガルのフォワードが3人いて、どんどんプレッシャーをかけてきており、じっくりとパスを回すことができていません。

セネガルの速い展開のペースに巻き込まれているような感じがします。

スポンサーリンク

キーパー川島のパンチングボールがマネの足にあたり先制点

セネガルのエースはマネですが、サッカー選手の中でもトップクラスのスピードと評されています。そのマネが、前半12分に得点を決めました。

原口がヘディングでボールをクリアしたのですが、そのクリアボールが相手選手に渡ってしまい、そのままシュートを打たれました。

そのシュートボールをキーパー川島はパンチングで弾き返そうとしました。ところが、そのパンチングボールが、キーパー川島の前にいたマネの足に当たり、そのまま跳ね返ってゴールに吸い込まれました…。

うゎあーーーー!!!悲痛な叫び声をあげてしまいました・・・・

川島がボールをパンチングしたのは、スピードのあるボールだったからなのですが、この場面では掴み取るべきだったと思います。正面だったので、抱きかかえるように取れば、ボールを落とすということは防げたのではないかと思いました。

この場面はキーパーの川島のミスと言わざるをえないと思いました。マネがすぐ前にいたことに気づいていたとは思うのですが、まさかパンチングしたボールがマネの足にあたるというのは予想できなかった。

切り替えましょう。まだ、前半始まったばかりです。

スポンサーリンク

乾貴士が決めた!!ゴール!!!!!

乾がやってくれました!!!前半34分、乾貴士が決めました!!

長友がトラップしたボールから、乾にボールが渡り、乾が右足でシュートを放ちました。

ボールを吸い込まれるようにゴールへ向かいます。

キーパーが飛びつくも届かず、脇をすり抜けて、ゴールへ!

ゴ~~~~~~ル!!!!!決まりました。

圧倒的なセネガルの攻めが続いていて、しかも先制点を簡単に決められてしまったので、もう今日はダメかもと意気消沈していました。しかし、日本代表は諦めていなかった。

切り崩しました。

日本のあちこちから、大歓声がわきあがっているでしょう。

そして長友ガッツボーズと雄たけびです。

その後もセネガルの攻撃は続きましたが、なんとか日本は防ぎ続け、前半が終了しました。

日本にこんなに得点力があるとは、予想だにしていませんでした。乾と原口、そして大迫勇也!どの選手も得点力のあるエース級の選手ばかりです。

これは期待できます。乾には小学生の息子がいますが、お父さんの雄姿をしっかりと目に焼き付けたことだと思います。メッシみたいになりたいといっていましたが、お父さんは最高の選手です。ぜひお父さんを目標に頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク
関連記事と広告