WordPressプラグインを入れる際よくわからないプラグインはインストールしないことが大切

アリスです。

WordPressでプラグインを検索すると、

多種多様の様々なプラグインがある。

だからといって、

なんでもかんでもインストールすれば

よいというものではない。

スポンサーリンク

プラグインを吟味しよくわからないものは入れない

一つ一つ吟味し、

不要なものやよくわからないものは、

なるべくインストールしないほうがいい。

不要だと思ってプラグインをアンインストールしても、

その時点までにプラグインによって

付加された情報までは消えないからだ。

例えば記事のhtmlにSEO対策のために、

色々とタグをいれてくれるプラグインがあった場合、

プラグインをアンインストールしても、

その時点までの記事で付加したタグは自動で消えない。

また、似た機能のプラグインをいれると、

どちらが優先されるのかわからない。

二重に効果が適用されて、

おかしなことになるかもしれない。

スポンサーリンク

プラグインを導入する理由は明確?

さて、プラグインを導入する前に、

なぜプラグインが必要なのか?

ということを最初に考えなければならない。

回答は様々あるだろうが、

「自分のホームページに少しでも多くの人に訪れてほしいから」だろう。

例えば、上記とは一見関係なさそうな

スパムコメントを削除するためのプラグインがある。

これは、訪れた人がコメントをしてくれた際に、

スパムコメントに埋もれないようにするためである。

そもそも、スパムコメントが大量にあるサイトでは、

訪れた人はコメントする気にならないだろう。

スパムコメントを除去する対策をする

ことで、再訪にもつながる。

スポンサーリンク

プラグインの探し方

前置きが長くなったが、

ここからプラグインの探し方を説明する。

まず、事前に何をしたいのかを

ネット検索しておくことが大切だ。

今回は、SEO対策として

メタタグを入れるプラグインを探す。

プラグインの検索画面で、

「meta」と入力し探す。

かなり多くのプラグインが見つかる。

プラグインを探す上で、最大の障壁となるのが、

説明が英語で書かれていることである。

日本人が作っているプラグインがほとんどないためだ。

たまに、日本語で説明がかかれているプラグインもあるが、

プラグイン自体は外国の人が作っており

翻訳されているだけのようだ。

いくつかのプラグインを見てわかったことは、

最低限html, php, javascript

がわからないと作れないことである。

私は、ソフトウェア開発の仕事をしているのだが、

プラグインのソースコードを見たところ、

それなりに役に立つプラグインを作るには、

数ヶ月単位の作業が必要と感じた。

自分の求めているプラグインを自作するよりも、

すでに作られたプラグインを使ったほうがよいだろう。

「自分のサイトへ訪れる人を増やすこと」が

一番の目的なので、余計なことに時間をとられてはいけない。

スポンサーリンク

プラグインの問題点

ところで、今回試してみたmetaタグの

プラグインのソースコードをみると下記のコードがあった。

これは、All in One SEO Packのプラグインが

インストールされている場合の処理で、

All in One SEO Packで設定した

メタタグをインポートするためのものだった。

すでに多くのユーザに使われているプラグインと

機能がかぶるので、

このようなことも考慮しないといけないようだ。

それにしても、All in One SEO Packのソースファイル名を

ベタ書きで指定しているが、

このような指定は本当はよろしくない。

All in One SEO Packのソースファイル名が変わったら、

このソースコードは無意味なものになってしまうからだ。

お使いのバージョンのWordPressではテストされていません

プラグインに下記の説明が表示されているプラグインだったが、

そこまで気にしなくていい。

「お使いのバージョンの WordPress ではテストされていません」

テストされていないだけなので、

実際に動作するのかわからないのだが、

最終更新が1年以上前でない限り、動作すると思う。

スポンサーリンク

結局インストールしないという結論に

実際にインストールして、

使ってみたが、結局よくわからなかった。

下記画面のMetaTitleとMetaDiscriptionに

タイトル、説明を設定すると、

Facebook、Twitter用のメタタグを

追加してくれるのは分かったが、

それ以外はよくわからなかった。

今回は設定を見送った。

SEOのプラグインは、機能がよくわからない。

その機能が何を表しているのかが、

見てわからない。

これは英語だからという理由ではなく、

そもそもSEOについて理解している前提の

プラグインになっているからだ。

もちろん時間をかけて、調べて、使うのもいいが、

そのプラグインが今後永続的に更新される保証もないので

調べた時間を無駄にする可能性が結構高い。

SEOよりも、まずは価値ある記事を書く

ことのほうがずっと大切だと感じた。

最低限(カテゴリ分け、パーマリンク設定等)の設定さえしておけば、

metaタグどうのこうのは、あとからでも遅くない。

スポンサーリンク
関連記事と広告