アマゾン第2本社はテキサス州か?東京ドーム3000個の広大な土地を提供

アリスです。

アメリカでは、アマゾン第2本社を誘致するために、熱い戦いが繰り広げられています。

ニューヨークやロサンゼルス、カナダのトロントなど誰もが知っている有名な都市が候補になっていますが、その中でも注目されているのがテキサス州です。

テキサス州と言ったら、カウボーイですね!ピストルの早撃ちや、馬に乗りながら、ロープの先を輪っかにして、投げて捕まえたする、ローブ投げ(ロープワーク)が有名です。。

また、ハンバーガも有名です。テキサスバーガーは日本でも販売しています。

スポンサーリンク

なぜテキサス州なのか?

テキサス州はアマゾンを誘致するために広大な土地を提供すると宣言しています。なんと、東京ドーム3000個分もの広大な土地です。

なぜ、ここまでするのでしょうか?

アマゾンを誘致することができれば、最大5万人の雇用と、5600億円の投資があるからです。

日本とは比較にならないレベルの投資です。もしアマゾンの第2本社を誘致できれば、その都市は確実に繁栄するでしょう。

もしアマゾンを誘致できれば、工場や倉庫も大量にできます。物流が発展し、高速道路、鉄道などの公共事業もどんどん行われるでしょう。

スポンサーリンク

アマゾン以外の企業も続々とくる

アマゾンを誘致することで、アマゾン傘下の子会社や関連会社も続々と工場を建てるでしょう。運送関連の企業はもちろん、新しく空港も作られるかもしれません。

人が増えることで、大型モールなども建設されます。アマゾンの誘致がきっかけで、大量のお金が落ちるでしょう。

それにしてもアマゾンはしたたかですね。

このように、誘致してほしいところに手を挙げるように仕向けているのです。大々的に公表することで、アマゾンの名前がでて、大規模なPRをしているのです。

スポンサーリンク
関連記事と広告