コインチェックが日本円の出金を再開。月利800億円の利益をわずか100人で出していた

アリスです。

コインチェックが、日本円の出金を再開します。再開日時はバレンタインデーの前日である2月13日です。

日本円の出金を停止していた後述しますが、いずれにしろ顧客に多大な不安を与えたのは事実です。日本円で数十万、数百万円というお金を入金している人も多々いたからです。

ただし、出金できるのは日本円のみで、ネムやその他売買中の仮想通貨は凍結のままです。

日本円の出金を停止していた理由

コインチェックから日本円の出金再開に関し届いたメールの文面の一部です。

お客様の資産保護ならびに原因究明のため一時停止としております日本円出金機能につきまして、外部専門家による協力のもと技術的な安全性の確認を完了いたしました。

そもそも、日本円は仮想通貨ではありませんので、ハッキングだけで盗まれません。そのため、即座に出金を許可をすることは可能だったと思います。
コインチェックの言う技術的な安全の確認というのが何を指しているのかは不明ですが、本音を隠すための建前ではないでしょうか。

コインチェックが日本円の出金を停止していたのは二つ理由があると思います。

一つ目は、とにかく社内の全システムを、外部のネットワークから切り離したかったことだと思います。

もし、日本円の入金・出金システムも仮想通貨の管理サーバとおなじサーバ上で動かしていたとしたら、システムの一部を移行する必要がありますよね。

技術的な話になりますが、仮想サーバー上でシステムを動かしていたのであれば、移行は簡単ですが、そうでなければかなり手間です。

一刻を争う事態であったので、とにかく止めて調査を優先させたかったのでしょう。

もう一つの理由は、一気に出金される事態を避けるためでしょう。これが理由としては一番大きいでしょう。

ネムの流出で500億の損害がでているため、最悪倒産の申請をすることも視野に入れて顧客の出金を停止していたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

わずか100人で800億円の月利益

コインチェックの社員数はわずか100人程度です。その社員数で月利800億円を稼いでいたようです。ただし、ネット上で有志が手数料や取引高から予測した結果でありますので、正確性には欠けます。

コインチェックの場合、仮想通貨の売買には手数料が5%かかります。つまり、100万円の売買で5万円です。こんな高い手数料をとっているので、儲かって当然なわけです。

他と比較すれば仮想通貨が異常に高い手数料をとっているのは一目瞭然でしょう。例えば株なら100万円の売買の手数料は500円程度です。また、FXでは100万円の売買で30円程度です。

コインチェックの社長や大株主のアンリ氏は、大儲けしていたわけです。彼らにとって盗まれたネムの補償をするぐらいわけないのです。

彼らが賢かったということです。いつの時代もリスクなく大儲けできるのは、場や道具を提供する側なのですから。ただし、場を提供するのは、簡単なように見えて、実際難しいです。膨大な知識が必要です。

だからこそ、一般人はリスクをとって儲けるしかありません。リスクをとることは悪いことではありません。リスクをとるからこそリターンが得られるからです。

余剰金があるのなら、リスクを取って投資に回すべきでしょう。仮想通貨だけでなく、FX、株、不動産と投資には様々なものがあります。

スポンサーリンク
関連記事と広告