【37年ぶり大雪】福井県の8号線で1500台が立ち往生。会社が休みにならないのが原因

アリスです。

福井と石川の県境の8号線で1500台が立ち往生しており、24時間たった現在も解消していません。
この原因は、無駄な正義感で会社に行く人たちが原因だと私は確信しています。しかし、会社勤めである以上、会社がこいと言えばいかざるを得ないのです。

しかし、よく考えて下さい。無駄な正義感を出して出社したところで、どれだけのことができますか?

重大な何かの締め切りに追われている立場ならわかりますが、そんな人はほとんどいないでしょう。大したことはできないのですから、有給を使って休むべきです。

とはいっても、元をたどれば、そもそも会社が休みにならないことが問題なのです。37年ぶりの大雪にも関わらず休みにならないのですから。

スポンサーリンク

立ち往生の原因は小型乗用車、軽自動車

バス、トラックが福井と石川の県境で多数立ち往生していますが、北陸自動車道が通行止めになっており、本来高速道路を使うトラックが下道の8号線になだれこんでいます。また、電車も全日全線運休となっています。

この立ち往生の原因は小型乗用車、軽自動車です。車体が軽いので、スタッドレスタイヤをはいていようが雪にタイヤを取られるのです。

つまり、小型乗用車、軽自動車に乗っている会社勤めの男性、女性が立ち往生の原因を作ったのです。

バスやトラックは車体が重いので、雪を踏みつぶしてガンガン進みます。バス、トラックだけなら、1500台の立ち往生なんて言う問題は起きなかったのです。

スポンサーリンク

従業員は有給を使うべき

たった、2,3日休んだところでできることなんて知れているのですから、ガンガン有給を使いましょう。せっかくの有給を捨てている人が多数いますよね。こんなときに休まず、いつ休むんですか?

ただし、これはあくまで従業員側の意見で会って、経営者側の意見は全く異なるでしょう。

なんせ数百、数千人以上を雇っているような会社であれば、2、3日営業停止になるだけで、億の損失がでる可能性もあるのですから。

そもそも会社が休みにならない

私個人は経営者でないから言えることですが、そもそも会社を休みにしろと言いたいです。会社員が無駄な正義感を出すのは、会社が休みにならないからです。

この37年ぶりの大雪でも、出社しろといいうからです。多くの人は、この雪だから、会社から休むよう連絡がくると期待していたはずです。

しかし、会社は休みにならない。あっても、出社時間が遅れてもよいという連絡だけ。

これでは出社せざるをえないでしょう。

言い方は悪いですが、北陸は雇われ思考、安定志向が強く、長い物には巻かれろ的な考え方が多いです。そのため、会社には逆らえないのです。

スポンサーリンク

無駄な正義感は不要

無駄な個人の正義感によって、多大な人が迷惑を被むっています。

どうしてもいかなければならない理由がある人はわかりますが、それ以外の人は、家で大人しくしておくべきです。

無駄な正義感で出社しようとした結果、タイヤが雪にはまり、進めなくなり、後続車に多大な迷惑かけました。

今回の原因を作った人間はもちろん、無理して出社した人は大いに反省すべきでしょう。出社した人間が偉いなんて万が一妄想していたとしたら、バカげた話です。

スポンサーリンク
関連記事と広告