2017年夏の人気車種トップ10と人気の理由は?

アリスです。

本日は2017年夏の人気車種ランキング発表です。

日本自動車販売協会連合会と、全国軽自動車協会連合会は、先日2017年夏の乗用車車名別販売台数と、軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。

スポンサーリンク

軽自動車のランキングトップ10

1位  ホンダ「N-BOX」

17カ月連続で軽自動車トップとなりました。

やはりホンダといえば足回り、軽でも軽く坂をのぼれるエンジンが人気です。もちろんデザインや、広々とした車内もいいですね!

2位  日産「デイズ」

デザインのかっこよさ、内装の質感、価格がお得などがありますが、

一番は日産というブランドでしょう。

3位  ダイハツ「タント」

軽の代名詞といわれるダイハツですが、3位でした。

広々とした車内のタントは子連れのママさんに人気です。

4位  ダイハツ「ミラ」

とにかく安い!これに限りますね。

ダイハツはサービスにすこし不満があるというお客さんが多いようです。

5位  スズキ「ワゴンR」

スズキの代名詞である、ワゴンRですね。

値段、デザインともに無難なところが人気の理由でしょう。

6位  ダイハツ「ムーヴ」

見た目のかっこよさを求めるのであれば、ムーヴでしょう。

7位  スズキ「スペーシア」

駐車を助けてくれる、車の上から位置を確認できるカメラが評判です。

値段は若干高めですが、広い車内空間は人気の理由ですね。

8位  スズキ「アルト」

見た目の好みは分かれると思いますが、安いですから。笑

9位  スズキ「ハスラー」

ハスラーは一時期ダントツの売り上げを誇っていましたが、

飽きられてきた感じでしょうか??

10位  ホンダ「N-WGN」

N-BOXは高くて買えない!!けれどホンダがいい!

という人はN-WGNですね。

スポンサーリンク

乗用車のランキングトップ10

1位   日産「ノート」

日産は、サニー以来30年振りに月間販売台数1位を達成しました。

「電気自動車の新しいカタチ」と称し、これまでの電気自動車(EV)のような充電が不要です。また、ハイブリッドと同様にガソリンを給油すればいいことがうまくアピールできた結果でしょう。

ノートe-POWERは、エンジンを発電のために使い、モーターだけで走る仕組みです。燃費がものすごくいいのです!!

2位   トヨタ「プリウス」

なぜ、多くのひとがプリウスを買うのか?

ハイブリッドで、燃費がいいのはもちろんですが・・見栄が一番の理由ではないでしょうか。

3位   トヨタ「アクア」

ハイブリッドカーですから!プリウスが高くて買えない人はアクアですね。

4位   ホンダ「フィット」

マイナーチェンジをしたばかりのフィットですが、ますますスポーティーなデザインに、内装も質感が向上しました。

フィットは、リコールがすごかった時期がありましたが、走りのホンダが復活してきましたね。

5位   トヨタ「C-HR」

セダンが嫌な人は、SUVのC-HRになるでしょう。

SUVはかっこいいですし、雪国では重宝されますから。

6位   トヨタ「ヴォクシー」

男性にダントツ人気のミニバンです。見た目が、かっこいいですから。

7位   スバル「インプレッサ」

人気の理由は、水平対抗エンジン!スバルファンを離しません。

見た目もかっこいいですし、インプレッサは安定の人気車種です。

8位   ホンダ「フリード」

売れている理由は、子持ちのママをターゲットにした車だからでしょう。

ミニバンよりも少し小さいですが、荷物はたくさん載るし、スライドドアですし。

9位   トヨタ「シエンタ」

フリードと比較されやすい車です。トヨタがいいというかたはシエンタになるでしょうか。

10位  トヨタ「ヴィッツ」

人気は落ちてきましたが、なんとか10位に食い込みました。

軽に乗りたくない人に、ヴィッツなどの小型乗用車が人気です。

スポンサーリンク
関連記事と広告