ニュータッチ凄麺の札幌濃厚味噌ラーメンがうまい!シャキシャキもやしと濃厚スープが最高

アリスです。

ニュータッチ凄麺シリーズ、今回は札幌濃厚味噌ラーメンの食レポです。

札幌味噌ラーメンの歴史

食レポの前に、札幌味噌ラーメンの歴史を簡単に紹介します。

博多・喜多方ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられています。
歴史は古く、1920年代にさかのぼります。当時はあっさりとした醤油味、塩味でした。

その後1950年代に、とあるラーメン店で「豚汁に面を入れて食べさせてよ」と客の一言がきっかけで味噌ラーメンが誕生しました。
それが全国に広まり、今では札幌といえば味噌ラーメンというまでになりました。

この話は、札幌濃厚味噌ラーメンのふたの裏に書いてありました。

スポンサーリンク

後入れもやしと液体味噌スープ

後入れ用のもやしが袋に入っています。そして、液体スープの味噌も後入れ用になっています。うまいカップラーメンはほとんどが後入れスープですね。

ラーメンの麺は特に可もなく不可もなくですが、スープがおいしいです。そしてもやしがシャキシャキで歯ごたえがあります。カップ麺を食べているようには思えません。

味噌スープにはニンニクパウダーもはいっています。息が臭くなるくらいの量は入っていないのでご安心ください。

残りスープでラーメン茶漬け

味噌のスープが残ると思いますが、そこにご飯をぶっこみましょう。上品ではありませんが、これがめちゃくちゃうまいです。
味噌汁をご飯にかけてネコまんまをしたことはあると思いますが、味噌とごはんは相性抜群です。男性なら、これで腹いっぱいになるでしょう。カップラーメン1つだけでは物足りないですから。

スポンサーリンク

ニュータッチの凄麺シリーズ

ニュータッチのラーメンは本当に美味しいですね。
札幌味噌以外にも、青森にぼしや、京都の背あぶら、富山ブラック、和歌山ラーメンなど色々あります。

ぜひ、全種類をお試しあれ!

スポンサーリンク
関連記事と広告