2017年12月25日にアルファードがマイナーチェンジ。気になる変更点とは?

アリスです。

2017年12月25日にアルファードとヴェルファイアがマイナーチェンジしました。

今日はアルファードのマイナーチェンジについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

エクステリア

グリルセンター部の突き出しや階段形状の造り込み、縦基調を強調したメッキ加飾などにより、高級感のある堂々としたフロントフェイスへと進化。

LEDヘッドランプはスリム化して精悍な印象となったほか、ヘッドランプ下部をライン発光させることで先進感を演出しています。

いっそうダイナミックかつ先進的に進化し、さらなる高級感と品格を纏った外観デザインになりました。

さらに、フロントグリルを外側へ拡幅し、メッキモールをヘッドランプからバンパーコーナーへと張り出すようにレイアウトすることで、ワイド&ローなスタンスを強調しました。

ワイドなグリルとメッキモールで迫力を強化し、スポーティさに磨きをかけたエアロボディへと進化しました。

また、エアロタイプの最上級グレードとしてExecutive Lounge Sを新規設定しています。

スポンサーリンク

インテリア

室内の味わいを深める新木目調加飾や、心地よいくつろぎへと誘う上質なシート表皮を採用し、質感を大幅に向上。

さらに、エアロタイプの最上級グレードExecutive Lounge Sには専用インテリアを設定し、モダンで先進的な空間を演出しています。

ラグジュアリーな空間が紡ぎ出す、優雅なひとときは、アルファードでしか味わえないですね。

安全性能

トヨタブランド初採用となるレーントレーシングアシストや進化したプリクラッシュセーフティなどを含めた、次世代型のToyota Safety Senseを全車に標準装備。

レーントレーシングアシストとは、路面の白線などを認識して、同一車線内中央を走行するように、ドライバーのステアリング操作をアシストする高度運転支援機能のことです。

プリクラッシュセーフティとは、自動車に搭載したレーダーやカメラからの情報をコンピュータが解析し、運転者への警告やブレーキの補助操作などを行うシステムのことです。

そのほかにも先進の安全機能を数多く搭載し、さらに安全安心なドライビングをサポートしてくれるよう進化しました。

スポンサーリンク

走行性能

V6エンジンの集大成として、すべての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジンを投入。

力強くにごりのないV6らしい回転フィールに磨きをかけつつ、頼もしい動力性能や、極限まで高めた熱効率による優れた燃費性能を実現しました。

発売時期

2018年1月8日の発売になります。

楽しみですね。

価格

グレードによって変わりますが、335万〜750万ぐらいになります。

まとめ

マイナーチェンジしてさらにかっこよく進化したアルファード。

ぜひ一度、試乗してみたい!!

スポンサーリンク
関連記事と広告