W3 Total Cacheのプラグインを更新するとサイトにつながらなくなる問題

アリスです。

昨日W3 Total Cacheのプラグインを更新したところ、サイトに接続できなくなりました。

具体的には、500エラーが発生するようになりました。

同時に更新したプラグインが他にもあったので、何が原因かわかりませんでしたが、W3 Total Cacheが原因だと突き止めました。

正直ふざけんなという思いでいっぱいです。確かに他のプラグインとの相性などで起動しない場合があるとは思いますが、おそらくちゃんとテストされていないものをリリースしたのでしょう。

100万以上のサイトでインストールされているものなので、同様の不具合で困っている人は沢山いると思われます。

スポンサーリンク

W3 Totacl Cacheのプラグインは削除する

そもそもつながらないので削除する方法は、FTPでサーバにログインし、W3 Total Cacheのフォルダを直接消すしかありません。

念のために、フォルダを消した後、プラグインを再度インストールしてみましたが、やはり500エラーとなり繋がりませんでした。

W3 Total Cacheが消えたことで、スマホサイトからの見た目が少し変になっています。

特にスマホ用の広告配置になっておらず、なぜかPCサイト用の広告設定が表示されています。

PCではダブルレクタングルで広告を表示しているのですが、スマホもその表示となります。

ただし、スマホの場合スペースが狭いため、横に並んで表示されるのではなく、縦に並んでしまいますが。

いずれにしろ、これは意図している表示ではないので、非常に困りました。スマホの場合広告表示だけで画面が埋め尽くされると、アドセンスのポリシー違反になる可能性が高いからです。

スポンサーリンク

W3 Total Cacheの次の更新まで待っても直らない

私が問題が発生したW3 Total Cacheのバージョンは、0.9.6でしたが、次のバージョンでも直りませんでした。

また、Simplityをバージョンアップしてから、W3 Total Cacheのバージョンアップしてもダメでした。

これは次のバージョンがでるまでと思っていましたが、結果的に次もダメでした。作者は外人なので、こちらからアクションができません。

それにしても困ったなーと考えていた時に、ひとつ前のバージョンをインストールして解決する方法を思いつきました。その場合、前のバージョンを自分でダウンロードしてきて、アップロードする必要があります。

しかし、W3 Total Cacheの本家サイトを確認してみましたが、最新のバージョンしかダウンロードできませんでした。前のバージョンは見当たりませんでした。

実は、前のバージョンに戻すには少しテクニックが必要です。下記の記事を参考にしてください。

アリスです。 サイトの表示の高速化のためにW3 Total Cacheというプラグインを使用していましたが、最新の0.9.6に...
スポンサーリンク
関連記事と広告