GoogleとAmazonが喧嘩した理由とは?客観的に見てアマゾンが悪いので謝罪すべき

アリスです。

GoogleとAmazonが喧嘩をしています。

単なる喧嘩ではありません。消費者に大きな迷惑をかける喧嘩です。

2018年1月1日からAmazonのFireTVでYoutubeが見れなくなるのです。

スポンサーリンク

喧嘩の理由とは?一目瞭然でAmazonが悪い

AmazonでGoogleが発売している製品を自社のサイトでわざと取り扱っていません。つまり消費者がマーケットから買えないようにしているのです。

これは全くフェアではありません。

これに対して、以前からずっと不満をもっていたGoogleがついにブチ切れたというわけです。

もちろん、ブチ切れたといってもGoogleは大人の対応をしています。

つまり、AmazonがGoogleの製品を取り扱うようにしてくれるならYoutubeを見れないという制裁は解除するとのことです。

信じられないですが、Googleが求めていることは、たったのこれだけなのです。

フェアな勝負をしようジャマイカと、GoolgeはAmazonに言っているのです。

それに対して、Amazonの対応はガキです。どうぞご勝手にといっているのです。

Amazonがわが身可愛さに、わが社の製品を守るために、そのようなふざけた対応をしているのであれば、本当に残念です。

スポンサーリンク

AmazonでGoogle製品を扱えるようにしてほしい

実は私は以前GoogleのChromeCastを持っていました。初期バージョンです。

その頃のChromeCastの使い勝手の悪さといったらなかったですね。

まあ、それは一旦置いといて、ChromeCastはAmazonのサイトでは取り扱っていなかったのでGoogleのサイトから購入しました。

なんでAmazonにないねん!と当時はおもっていたわけです。

それにしても、AmazonでGoogle製品を買えないのは非常に迷惑千万であり、消費者としても困ります。

Googleの商品のレビューが分からないからです。

スポンサーリンク

AmazonはGoogleが恐くて仕方ない

全くフェアな戦いをしていないAmazon。理由は、Googleを脅威と感じているからです。

フェアな戦いをしたら負けることが明白だからです。

だから、AmazonはGoogleの製品を取り扱いません。怖いのです。毎日のようにGoogleに怯えているのです。

気持ちはわかります。私もGoogleは最強の企業であると思っています。

理由は簡単です。

1.検索を牛耳っている

2.ウェブ閲覧するためのWebブラウザ(Goolgeクローム)のシェアが約60%。(2017年12月現在)

逆にAmazonがGoogleより優れているのはマーケットです。

ネット上で物を買うマーケットと、物流がAmazonの得意分野です。

とはいっても、その分野はAmazon一強ではありません。

楽天マーケットもありますし、価格.comなどではAmazonより安く購入できるサイトは星の数ほどあります。

Amazonのサイトがなぜこれだけ売り上げがあるのか。それは個人のレビューによるところが大きいです。

Amazonのサイトでは購入者がその商品のレビューを書くことができます。そのレビューが次の購入者を生んでいるのです。

つまり、Amazonは決して自身の力だけでのし上がったのではありません。購入してくれる消費者が書いてくれる良質なレビューによりここまで成長したのです。

スポンサーリンク

結論

さっさとGoogleに謝罪してYoutubeを復活させてください。

Amazonがここまで成長できたのは誰のおかげか、それを考えれば謝罪なんて容易なはずです。一刻も早くGoogleと和解することを願っています。

スポンサーリンク
関連記事と広告