ハンコックでウィルスミスの強靭的な力が凄すぎる

アリスです。

強靭な力を持っているのに、その力を人々に使わない、アルコール好きで力加減のできない嫌われ者のヒーロー、ハンコックの映画をご紹介します。

スポンサーリンク

ハンコックという自分とは?

ハンコックとは、不老不死の肉体に恐るべき身体能力を持った一人の青年の事です。
ただ、ハンコックは市民のみんなに嫌われてました。

何故嫌われていたのかというと…

アルコール中毒で空を飛び、自分の強靭な力を人々にみせびらかせ、街を破壊するという被害をもたらしていたからです。

しかし、貧困国への慈善活動に積極的な企業の証となる「ピンクハート運動」を広げようと熱心なPRマンのレイと出会いでハンコックは変わります。

スポンサーリンク

ハンコックが出会ったレイという人物は?

とても人がいい人で、

誰でも仲良くなれる人思いの優しい男の人です。

こんな親友がいたら、幸せですね。

ハンコックが人に好かれるアドバイスをしてくれたり、やってはいけない事は、やってはいけないと正直に話してくれる誠実な人です。

結末

最終的には、

ハンコックは、人々を悪の悪者から守りみんなに好かれます。

ハンコックをヒーローに変えたレイの奥さんと、昔結婚してたという衝撃的な事実も分かり、

レイの奥さんとも和解して、ハンコックは今日も1日人々を助けてます。

スポンサーリンク

映画 ハンコックの感想

ハンコック演じるウィルスミスがめっちゃくちゃカッコイイです。

筋肉がモリモリでまさに、とても強靭で憧れのヒーローです。

人は、人の出会いによって変われる。

まだ間に合います。

みんなで人に尊敬出来るヒーローになりましょう。ただし、私は人から軽蔑される人間ですけれども。

スポンサーリンク
関連記事と広告