【横田めぐみ拉致問題】横田夫妻は死ぬまでに再会できるのか

アリスです。

横田めぐみさんが拉致されたのは13歳の時です。

恐ろしい思いにあったでしょう。今いったいどこで何をしているのでしょうか?

北朝鮮では食事もろくに食べられなかったでしょう。

横田めぐみさんの親御さん

TVでよく見る二人です。人柄の良さが全身からにじみ出ています。

横田滋さんと、早紀江さんです。

横田夫妻は、娘を拉致されて40年間、ずっと苦しんできました。そして今もなお、苦しんでいます。

当然です。大事な大事な娘を北朝鮮に拉致されて、毎日のように考えてきたでしょう。

お母さんは、どれだけ泣いてきたでしょうか。想像を絶します。

二人とももう高齢です。父親の滋さんは認知症も発症されています。

二人とも娘に会いたい。それだけが願いだといっています。

焦ってもどうしようもないのですが、横田夫妻が生きているうちになんとか会わせてあげたいです。

日本政府は一体何をしているのか。確かに相手は北朝鮮です。一筋縄ではいかなくて当然です。しかしなんとかしてほしい。

スポンサーリンク

北朝鮮は卑劣すぎる

北朝鮮がやっていることは、卑劣すぎます。人としてありえない。

永久に許されることのない行為です。

横田めぐみさんが生きているのであれば、会わせてあげてほしい。

しかし北朝鮮をいくら罵ったところで、横田めぐみさんは返ってきません。

横田めぐみさんが北朝鮮の中にいる以上、こちらはどうしようもできないです。

もっと、もっと日本国民に横田めぐみさんの拉致問題をに対して声をあげてほしい。

他人事だと思わないでほしい。

自分の大切な家族が拉致されたと考えて、横田めぐみさんの両親と同じ気持ちになってほしい。

私は、日本国民の大半が拉致問題に対して他人事と思わなくなった時に、初めて拉致問題が解決に向けて進展すると思っています。

もっともっとTVでも拉致問題を取りあげてほしいです。

アリスです。 2017年10月28日現在、池上彰のニュースで北朝鮮問題を生放送で放送しています。 生放送で、ゲストの芸能...
関連記事と広告