【ダイバージェンドの結末ネタバレ】シャイリーン・ウッドリーのスリル満点のアクションシーン

アリスです。

自分の人生がたった一度の性格診断で決まってしまい、属さない共同体と一緒に暮らしては、いけない世界になってしまった現代。

映画ダイバージェントをご紹介します。

スポンサーリンク

ダイバージェントとは、何者なのか?

今の世の中は、

勇敢、高潔、平和、無欲、博学いう5つの共同体で世界は成り立ってます。

ただ、まれに全ての共同体に属する人間の事をダイバージエントといいます。

一つの共同体だけに縛られない人間ダイバージェンドを政府はとても恐れています。

政府の悪だくみを阻止するべく、(主人公)トリスと(勇敢のリーダー)フォーが行動を起こしていきます。

スポンサーリンク

主人公トリスを演じるシャイリーン・ウッドリー

主人公トリスを演じるのは、写真のシャイリーン・ウッドリーです。

とてもキュートです。

とても自分の意思が強く、仲間達に優しく思いやりもあり、率先して前に出るリーダー的なトリス役を演じてます。

スポンサーリンク

フォーを演じるテオ・ジェームズ

主人公トリスとともに行動するのはテオ・ジェームズです。

ハンサムでイケメンです。

皆を引っ張ってくれるリーダ的存在です。

スポンサーリンク

ダイバージェンドの結末

“勇敢”のメンバーは、警官などの治安維持をして人々を危険から守るべく役割なのに、

博学の悪だくみによって、

人間の行動をシステムで命令されたとおりにコントロール出来る薬を勇敢メンバー全員に打ち、

政治で支配出来ない無欲のメンバーを惨殺しに行きます。

ただ、ダイバージェンドのトリスには薬は効かず、

無欲の人々を守るべく、勇敢のリーダーフォーと仲間達と協力してコントロールルームを制圧します。

そして薬によって、無欲の人々を殺そうとしている勇敢の兵士たちをギリギリのところで止めることに成功します。

勇敢と無欲の争いをなんとか止める事が出来たが、

トリスとフォーは、博学、勇敢のボス達から追われるようになり、逃げるしかなくなるのでした。

そして、この続きのダイバージェンドファイナルも公開されてます。

ダイバージェンドのオススメシーン

列車から、ビルに飛び移るシーンや、ロープを使って、ビルとビルの間を滑るシーンなどスリル満点のアクションシーンが沢山あります。

そして、トリスの負けない意思の強さに自分も頑張って今の人生を変えようと思える映画です。

是非皆さんもかっこいい(主人公)ベアトリスをみて下さい〜(^^)/

スポンサーリンク
関連記事と広告