11月6日カニ漁解禁!!石川県ブランド加能ガニ、香箱ガニとは?

アリスです。

11月6日、石川県沖のカニ漁が解禁になりました。

今日は冬の味覚、カニについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

加能ガニとは?

加能ガニは石川県内で水揚げされたズワイガニのオスの事です。

他のズワイガニに比べ格段に甘みがあるのが特徴です。

また、柔らかくぎっしり詰まった身と、たっぷり詰まったカニ味噌はまさに冬の味覚の王様です。

加能ガニには、地元、石川産を証明するため、青色のタグがついています。

「越前ガニ」や「松葉ガニ」に比べ、知名度は低いですが、今後、注目されること間違いなしです。

値段は少し高めですが、機会があればぜひ一度食べてみて下さい。

あまりの美味しさにびっくりしますよ(笑)

スポンサーリンク

香箱ガニとは?

香箱ガニは北陸地方で獲れるメスのズワイガニの事です。

オスと比べると身は細いですが、お腹の中にある外子(そとこ)と甲羅の中にある内子(うちこ)、そしてカニ味噌は絶品です。

コクがあり旨みが凝縮されたカニ味噌に、濃厚な味わいの身を混ぜて食べると最高です。

また、鍋や味噌汁に入れるのもオススメです。

加能ガニの漁期が来年3月20日までなのに対し、香箱ガニは12月29日までと短いです。

これは産卵するメスを保護する為です。

獲れる期間の短い香箱ガニは、まさに冬限定のグルメです。

今年の相場と水揚げ量

やはり気になるのは価格ですよね。

去年は悪天候の為、出漁できない日が多く、記録的な不漁になりました。

が、今年は好天予想の為、昨年より水揚げ量は増え、価格は下がると予想されています。

嬉しい限りですね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

本日水揚げされたカニは、明日、店頭に並ぶ予定です。

初物の日本海の味覚、ぜひ食べたいですね。

スポンサーリンク
関連記事と広告